北九州市が、市内スタートアップの成長と市外の有望なスタートアップの集積による本市産業の活性化を図るため、成長段階に応じたさまざまな支援事業を実施

北九州市では、市内スタートアップの成長と市外の有望なスタートアップの集積による本市産業の活性化を図るため、成長段階に応じたさまざまな支援事業を実施しています。

この度、支援事業の採択企業全23社・者(うち市内企業10社・者)が決定しましたのでお知らせします。

【北九州市のスタートアップ支援 5つのプログラム】KITAKYUSHU SDGs STARTUP ECOSYSTEM PROJECT 

公式サイトURL:https://sep-k.com

『環境・ロボット・DX』分野に関連する全国のスタートアップを中心に、本気の支援を実施します。

グローバルアクセラレーションプログラム「GAP-K」

公式サイト:https://gap-k.com/

㈱安川電機、TOTO㈱、第一交通産業㈱など市内大手企業や金融機関等で組織する実行委員会と本市が連携し、本市を拠点に事業規模の拡大を目指すスタートアップ企業の取組みに対して伴走支援を実施。

スタートアップSDGsイノベーショントライアル事業「SIT-K」

公式サイト:https://sit-k.net/trial02

事業化支援事業

本市が認定したベンチャーキャピタルから出資を受けているスタートアップ企業に対して、本市を拠点とした事業化や事業展開に必要となる費用の一部を補助(最大2,000万円)

実証支援事業

公式サイト:https://sit-k.net/trial01

本市で実証実験を行うスタートアップ企業に対して、実証の場や協業機会の提供などを支援するとともに、ビジネスモデルの検証や試作品の改良に係る費用の一部を補助(最大250万円)

COMPASS小倉アクセラレーションプログラム

公式サイト:https://compass-kokura.com/acceleration-program-3/

アイデア段階の企業を選抜し、市内の創業ネットワークを駆使し、ビジネスマッチング、資金調達、実証場所の提供、PRをサポートする短期集中型プログラム。

Maker’s Project(メイカーズプロジェクト)

公式サイト:https://kitakyushu-makers.com/

全国から募集したハードウェアに関するアイデアの試作品製作について、市内の共創企業(㈱ラック、㈱ドーワテクノス、㈱REIZ)から100万円の開発資金の提供や専門家のメンタリング等を支援。

これから概ね翌年2月末までにかけて、支援プログラムの実施や北九州市内での実証実験を行います。

個別の取組みについては随時各事業サイト等で情報発信いたします。

【問い合わせ先】 運営事務局 sep.kitakyushu@tohmatsu.co.jp

引用元:PRTIMES

関連記事

  • ㍿Borderlessが、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO」において、募集による投資申込みの受付を開始することを発表

  • ㍿情報基盤開発が、従業員の心身の健康管理に関するサービスを提供する㍿メンタルヘルステクノロジーズと業務提携契約を締結

  • NTT印刷㍿が、新たに「まるごと電子化日報業務効率化パッケージ」をサービスラインアップに追加し、提供を開始

  • ㍿カヤックが、㍿リビングハウスの一部株式を取得し、資本業務提携を締結

  • サグリ㍿が、これまで目視で行われていた農地パトロール調査を、衛星データとドローンを活用することで、農業委員会が効率的な調査を行うことを実現

  • ㍿キャリアボットが、就活生を支援してきたことで培ったノウハウを活かし、より多くの就活生を支援すべく会員制オンライン就活支援サービス「CAREERBOT PRIME」を無料で開始

News

  • ㍿Borderlessが、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO」において、募集による投資申込みの受付を開始することを発表

  • ㍿情報基盤開発が、従業員の心身の健康管理に関するサービスを提供する㍿メンタルヘルステクノロジーズと業務提携契約を締結

  • NTT印刷㍿が、新たに「まるごと電子化日報業務効率化パッケージ」をサービスラインアップに追加し、提供を開始

  • ㍿カヤックが、㍿リビングハウスの一部株式を取得し、資本業務提携を締結

  • サグリ㍿が、これまで目視で行われていた農地パトロール調査を、衛星データとドローンを活用することで、農業委員会が効率的な調査を行うことを実現

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中