災害時、誰でもスマホで近くの災害弱者を助けられる地域防災・共助強化DX「NearLink(ニアリンク)」をリリース

株式会社ブルー・オーシャン沖縄(沖縄県那覇市、代表 岩見学)と株式会社バックムーン(沖縄県豊見城市、代表 知念卓)はこのたび、災害発生時にスマホさえあれば誰でも災害弱者を支援することができる地域防災DXソリューション「NearLink(以下ニアリンク)」を共同開発し、2021年9月1日(水)にリリースします。


1.防災システムの課題

災害発生時に減災を図るには公助1割、共助2割、自助7割が必要と言われています。しかしながら現在の日本における防災システム予算のほとんどが公助に充てられており、共助や自助のシステム化はなかなか進んでいません。そこで私たちは、地域の共助をシステムで強力に支援する「ニアリンク」を企画開発しました。

2.テクノロジーで地域防災を大幅に強化・効率化するニアリンク

私たちが2016年にリリースした「グラスフォンfor防災」は、災害直下の状況において助けてほしい人、避難支援を求めている人を抽出する公助支援の機能までを有していました。一方、今回のニアリンクは災害発生状況下で「いま助けてほしい人」と「いま助けに動ける人」を実際につなぐことができる、まさに共助のためのシステムとなっています。

ニアリンクが導入された地域では、スマホさえあれば誰でも近くの災害弱者の支援を行うことができるようになります。ニアリンクは、あるべき共助の形をテクノロジーで実現する地域防災DX(デジタル・トランスフォーメーション)です。

3.自治体への導入も予定

2021年11月にはニアリンクを沖縄県内の自治体に導入し、実証事業としての稼働開始を予定しています。

4.ニアリンクの利用イメージ

①スマホでニアリンクにアクセス
②近くにいる助けてほしい人が地図上に表示される
③タップするとその人の詳細情報が表示される
④現地に到着したら「支援を開始する」ボタンを押す
⑤支援が終了したら「支援完了」ボタンを押す

5.支援状況は管理画面で確認可能

地域住民による災害弱者への支援状況は、ニアリンクの管理画面でひと目で把握することができます。

ニアリンク管理画面

6.参考情報

ニアリンク Webサイト
https://boo-oki.com/nearlink/

7.本件に関するお問い合わせ先

株式会社ブルー・オーシャン沖縄
住所:沖縄県那覇市おもろまち4-6-17 おもろパークテラス3F
担当:崎山
電話:098-917-4849
Email:info@boo-oki.com

引用元:PRTIMES

関連記事

  • 新潟県岩船郡粟島浦村がWeb完結型電子契約「クラウドサイン」を導入。村および離島における日本初の事例としてDXを推進

  • 脆弱性管理クラウド「yamory」が、緊急脆弱性の速報通知機能を開始

  • 富士通、AWSと金融業界および小売業界のDX加速に向けて戦略的協業

  • 水上交通分野におけるDX・スマートシティにかかる研究開発等で連携協定を締結

  • 環境省がレバテックでDX人材をスカウト

  • サイバー大学、 IT分野の専門職教育サービスを強化 「プロフェッショナルラーニングセンター」設立

News

  • 新潟県岩船郡粟島浦村がWeb完結型電子契約「クラウドサイン」を導入。村および離島における日本初の事例としてDXを推進

  • 水上交通分野におけるDX・スマートシティにかかる研究開発等で連携協定を締結

  • 富士通、AWSと金融業界および小売業界のDX加速に向けて戦略的協業

  • 脆弱性管理クラウド「yamory」が、緊急脆弱性の速報通知機能を開始

  • 環境省がレバテックでDX人材をスカウト

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中