㍿Chompyが、Wolt Japan㍿が提供する法人向け即時配送プラットフォーム「Wolt Drive」との連携を開始

All in One モバイルオーダーサービス「Chompy(チョンピー)」を提供する株式会社Chompy(本社:東京都目黒区、代表取締役:大見周平)は、Wolt Japan株式会社(本社:東京都渋谷区)が提供する法人向け即時配送プラットフォーム「Wolt Drive」との連携を開始いたしました。

飲食小売ブランドにおけるフードデリバリーの新たな選択肢

これまで飲食小売ブランドがデリバリーを始める場合、自社で配達員や配達手段を確保するか、デリバリープラットフォームへ掲載を行うしかありませんでしたが、Chompyは新たな手法として飲食店公式ストアフロントからデリバリー注文が出来る仕組みを提供し、より顧客と密接に繋がりながら、プラットフォームでは実現できない新たな顧客体験を創出しております。

今回、飲食領域としては国内で初めてWolt Driveとの連携を実施し、日本全国のエリアでChompyで開設した公式ストアフロント上でのデリバリー注文が出来るとともに、デリバリー配達時間などの品質安定化を実現しております。

公式ストアフロントとは?

複数のブランドが横並びで掲載されるモール型とは異なり、ブランドが独自の公式ストアを持ちお客さまと直接つながりながら販売を行う形式

飲食小売ブランドが低い手数料でデリバリー受注、公式ストアフロントでお店独自のファンづくりを

フードデリバリーサービスが広く普及したいま、多くの飲食小売ブランドがデリバリープラットフォームへの掲載を行い、デリバリーでの注文を受け付けています。

一方で、弊社調べではコロナ禍で追い風であったデリバリー市場の成長は鈍化傾向にあり、競争激化により1店舗当りの売上は減少トレンドにあります。デリバリープラットフォームの手数料に加え、多数の飲食店が掲載される中で認知を取るためには継続的な費用がかかってしまうために収益をあげることが難しい構造となっており、競争激化に伴って収益確保がより困難な状況へと変化しています。

加えてデリバリープラットフォームを利用するユーザーも、「デリバリー」が日常化する中でお気に入りの店舗をリピートする傾向にあり、数百の店舗から注文する店舗を選ぶデリバリープラットフォームだけに依存しない店舗運営を行っていく必要があります。

このような問題を解決するべく、All in Oneモバイルオーダーサービス「Chompy」では、飲食小売ブランドがアプリやWebで公式ストアフロントを初期費用・月額固定費なしで無料開設できるサービスを提供しております。公式ストアフロント上で商品の注文を可能にすることで取引手数料を安価に抑えることができるとともに、プラットフォームを介さない、オンライン上でのユーザーとの直接的な接点を持つことができるため、クーポンやお知らせ配信などの販促・CRM施策を実施することができます。

日本全国のエリアで公式アプリ・Web注文のデリバリー配達が可能に

これまで飲食店公式ストアフロントのデリバリー注文は、東京23区を中心にサービス提供しているフードデリバリーサービス「Chompy」の配達ネットワークを活用して配達を行っていました。今回Wolt Driveとの連携を実施することで、国内24都道府県41エリアで展開するWoltの配達ネットワークを活用することができ、Chompyがサービス提供していないエリアでもデリバリーチャネルへの対応が可能となりました。

加えて国内で初めてWolt DriveとのAPI連携を実施しており、Chompy配達ネットワークとWolt配達ネットワークのうち、より最適な配達員に自動で配達をマッチングさせることができ、安く・安定的にデリバリー注文の配達を行うことが出来ます。またデリバリー配達時のカスタマーサポートはChompyとWoltで連携をしており、双方フードデリバリーサービスを運営してきた知見を活かし、飲食店公式ストアフロントの配達を全面的にサポートします。

なお今後も同様の配達事業者との連携を予定しており、より多くのエリアの飲食小売ブランドがChompyにてデリバリー配達が行えるように取り組んでまいります。

Wolt Driveについて

「Wolt Drive」はWoltが法人向けに提供する「サービスとしてのデリバリー(DeaaS:Delivery as a Service)」です。通常30分程度での商品の即時配送を希望する様々な企業が、Woltのアプリやウェブサイトに店舗ページを開設することなくWoltの配達システムを利用することを可能にします。連携方法には2種類あり「Drive UI」(Wolt Driveの専用管理ポータル)を利用すれば、ウェブ上から簡単に配送サービスをWoltに依頼することができます。一方、API連携による「Drive API」を利用することで企業のオウンドサイトとシームレスな連携が可能です。複数のEコマースプラットフォームとのWolt Driveプラグイン開発も開始しており、一般ユーザーがオンラインショッピングの際に、購入した商品をもっとも早く受け取ることができる配送方法として、「Wolt Drive」を選択することができるようになります。また「Wolt Drive」ではWoltの既存の配達ネットワークを利用するため、配達需要が拡大することで、Woltの配達パートナーの安定的な収入確保に繋がります。

「All in One モバイルオーダー」Chompyについて

Chompyは、あらゆるUI・あらゆる注文方式に対応でき、業務効率化だけでなく顧客体験の向上・ファン作りも同時に実現できる「All in One」な公式ストアフロントです。今まで複数のデジタルツールに分断されていた顧客体験/データや業務を一元管理していくことで、飲食小売ブランドの店頭の顧客体験・業務のデジタル化と、ブランドの魅力がより多くの人に届くサポートをします。

WebからスマホアプリまであらゆるUIに対応

Chompyでは、飲食小売ブランドの公式スマホアプリ・Webを簡単に開設することができます。ライトなお客さまからファンの方まで、幅広いお客さまにモバイルオーダーを提供することができます。

※LINEミニアプリも2022年内リリース予定

イートインからデリバリーまであらゆる注文方式に対応

Chompyで開設した公式スマホアプリ・Webでは、イートイン・テイクアウト・デリバリー全ての方式で受注/決済に対応しています。今まで別々のツールで運用しなければならなかったモバイルオーダーを一元管理することができるため、お客さま・ブランド双方にとってスマートなシステムとなっています。

※デリバリーの場合、ChompyかWoltの配達員が配達代行を行います

多様なCRM機能で「ファン化」を促進

公式スマホアプリでは、スタンプカード機能・クーポン機能・ニュース機能(PUSH通知付き)・サブスク機能など、お客さまのファン化を促す様々な機能が利用可能です。ブランド毎に自由に設定ができるため、ブランドの個性を活かした顧客体験の提供が可能になります。

初期費用・月額固定費が無料なのでリスクなくDXをスタートできる

公式スマホアプリは初期費用・月額固定費は無料で利用できるので、小規模なブランドでもリスクなく利用を開始できます。また、取引手数料も業界最安値水準となっています。

取引手数料 (税込み・決済手数料込み)

※Chompy経由で決済が行われたときのみ手数料が発生します (レジ支払いの場合は手数料無料)

  • イートイン:4%
  • テイクアウト:6%
  • デリバリー:26%

実績

β版のリリースから約1年で、70ブランド以上の公式スマホアプリをリリースしており、モバイルオーダー機能を搭載したアプリでは業界No.1のリリース数となっています。アプリ経由の売上が1店舗で100万円を超えるような成功事例も多数でてきています。

会社概要

会社名:株式会社Chompy
所在地:東京都目黒区青葉台3-18-3 THE WORKS 201
代表取締役:大見 周平
設立: 2019年6月26日
事業内容:「Chompy」の企画・開発・運営等
https://chompy-inc.com/

引用元:PRTIMES

関連記事

  • ㍿Borderlessが、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO」において、募集による投資申込みの受付を開始することを発表

  • ㍿情報基盤開発が、従業員の心身の健康管理に関するサービスを提供する㍿メンタルヘルステクノロジーズと業務提携契約を締結

  • NTT印刷㍿が、新たに「まるごと電子化日報業務効率化パッケージ」をサービスラインアップに追加し、提供を開始

  • ㍿カヤックが、㍿リビングハウスの一部株式を取得し、資本業務提携を締結

  • サグリ㍿が、これまで目視で行われていた農地パトロール調査を、衛星データとドローンを活用することで、農業委員会が効率的な調査を行うことを実現

  • ㍿キャリアボットが、就活生を支援してきたことで培ったノウハウを活かし、より多くの就活生を支援すべく会員制オンライン就活支援サービス「CAREERBOT PRIME」を無料で開始

News

  • ㍿Borderlessが、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO」において、募集による投資申込みの受付を開始することを発表

  • ㍿情報基盤開発が、従業員の心身の健康管理に関するサービスを提供する㍿メンタルヘルステクノロジーズと業務提携契約を締結

  • NTT印刷㍿が、新たに「まるごと電子化日報業務効率化パッケージ」をサービスラインアップに追加し、提供を開始

  • ㍿カヤックが、㍿リビングハウスの一部株式を取得し、資本業務提携を締結

  • サグリ㍿が、これまで目視で行われていた農地パトロール調査を、衛星データとドローンを活用することで、農業委員会が効率的な調査を行うことを実現

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中