グロース X社、DX人材育成のための「グロース X DX編 with コラーニングアプリ」をリリース。業界を牽引するDXプロフェッショナル4人が監修

デジタル人材育成の学習アプリを運営する株式会社グロース X (代表取締役社長 津下本耕太郎)<旧社名:コラーニング>は、企業のDX推進の活性化を目指し、DX人材を育成する学習アプリ「グロース X DX編(with コラーニングアプリ)」(以下、本サービス)を本日リリースし、販売を開始しました。

*「グロース X DX編」サービスサイトhttp://lp.grtx.jp/dx


本サービスでは、コンテンツ監修として、ファミリーマートなどでDXを手がけてきたDX JAPAN 代表の植野大輔氏、ニトリや日立グローバルライフソリューションズでデジタル改革を進めてきたoffice K 田岡敬氏、注目AI企業シナモンAIの創業メンバーであり共著『ダブルハーベスト 勝ち続ける仕組みをつくるAI時代の戦略デザイン』でも注目を集める堀田創氏、日本ディープラーニング協会 人材育成委員メンバーの野口竜司氏が参加します。

実際にDX業務に携わってきた実務家がそれぞれ得意領域を担当し、ノウハウをふんだんに盛りこみ、DX人材を育成します。

グロース X DX編(with コラーニングアプリ)とは?

経済産業省のレポートが指摘した「2025年の崖」。主にシステム面の問題を扱ったものですが、DXを推進できなければ、2025年以降毎年12兆円の経済損失があると指摘しています。このレポート以降、各社の経営陣が旗を振り、DX(デジタル改革)を推進していますが、DXの重要性を社内が理解できず、また、具体的に何をどう進めていけば良いのか道筋が見えず、うまくいかないケースが多いようです。

そこで今回の「グロース X DX編」では、DXを成功させてきた実務家が監修し、DXに必要な知識や考え方を伝えます。また、DXにおいて顧客に対して価値を提供していくために「顧客体験(CX)」が重要という観点から、全社員が知っておくべきマーケティングや顧客理解についても教えます。

監修メンバーのプロフィール

植野 大輔 氏 DX JAPAN 代表
2001年 三菱商事入社。在籍中、ローソンに4年間出向、共有ポイントPontaの立ち上げやシリコンバレー企業とのアライアンスを主導。2013年 ボストンコンサルティンググループ(BCG)入社。2017年1月 ファミリーマート入社。サークルKサンクスと経営統合したファミリーマートにて、シニアオフィサー 改革推進室長、マーケティング本部長を歴任。2019年10月 デジタル戦略部長に就任し、全社デジタル変革の総責任者として、デジタル戦略の策定及びデジタル金融サービスの垂直立ち上げ、ポイントプログラムのマルチ化を主導。DX JAPANを設立、大手小売企業を中心にDX戦略推進のアドバイザーを務める。グロースX DX編の初期企画段階の全体監修などを務めた。

田岡 敬 氏 株式会社office K 代表取締役
リクルート、ポケモン法務部長&US子会社SVP、マッキンゼー、ナチュラルローソン執行役員、IMJ常務執行役員、JIMOS代表取締役社長、ニトリホールディングス上席執行役員、エトヴォス取締役COO、日立グローバルライフソリューションズ 常務取締役CDOを歴任。通算役員経験18年うち代表取締役経験歴8年。現在はoffice K 代表取締役として、さまざまな企業のマーケティング・経営支援を行なっている。北の達人コーポレーション 社外取締役、イルグルム LTVForecast共同開発者/アンバサダー。

堀田 創氏 株式会社シナモン 執行役員/フューチャリスト
1982年生まれ。学生時代より一貫して、ニューラルネットワークなどの人工知能研究に従事し、25歳で慶應義塾大学大学院理工学研究科後期博士課程修了(工学博士)。2005・2006年、「IPA未踏ソフトウェア創造事業」に採択。2005年よりシリウステクノロジーズに参画し、位置連動型広告配信システムAdLocalの開発を担当。在学中にネイキッドテクノロジーを創業したのち、同社をmixiに売却。さらに、AI-OCR・音声認識・自然言語処理(NLP)など、人工知能のビジネスソリューションを提供する最注目のAIスタートアップ「シナモンAI」を共同創業。現在は同社のフューチャリストとして活躍し、東南アジアの優秀なエンジニアたちをリードする立場にある。また、「イノベーターの味方であり続けること」を信条に、経営者・リーダー層向けのアドバイザリーやコーチングセッションも実施中。認知科学の知見を参照しながら、人・組織のエフィカシーを高める方法論を探究している。マレーシア在住。著書に『ダブルハーベスト』(共著、ダイヤモンド社)がある。

野口竜司氏
株式会社グロース X AI戦略アドバイザー、日本ディープラーニング協会 人材育成委員
日本ディープラーニング協会でAI人材育成の活動を行いながら、ZOZOテクノロジーズのVP of AI driven businessとして様々なAIプロジェクトを推進。また、大企業やスタートアップのAI顧問・アドバイザーやAI人材育成も実施。著書に「文系AI人材になる」(東洋経済新報社)「管理職はいらない AI時代のシン・キャリア」(SB新書)など。朝のニュース番組「モーニングFLAG」にAI先生として出演。

「AI編」も先行リリース

DX編に先んじて、AI編も8月にリリースいたしました。

詳しくは「グロース X AI編(with コラーニングアプリ)」のリリースをご覧ください。
*プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000016.000063830.html

サービス導入についてのお問い合わせ

サイト内のフォーム、またはメールでお問合せください。
詳しい概要資料をお送りします。
*「グロース X DX編」サービスサイト:http://lp.grtx.jp/dx
*サービス概要資料のご請求・各種お問合せはこちら:info@grtx.jp

【会社概要】
会社名:株式会社Growth X
代表者:代表取締役社長 津下本 耕太郎
設立年:2020年8月
所在地:東京都品川区大崎1丁目11番2号 ゲートシティ大崎 イーストタワー8F
URL: https://grtx.jp/

Growth Xは、ビジョンに「Co-Growth」を掲げ、個人の成長、事業・会社の成長、社会の成長に伴走する最良のパートナーであり続けたいと考えています。このビジョンの実現に向け、業績を上げるマーケティング人材育成サービスとして、より多くの企業に価値提供できるよう取り組んでいく所存です。

引用元:PRTIMES

関連記事

  • オロ、ビジネスモデルにあったデジタル広告を可能にする独自指標「PGI」を開発

  • 【資金調達】ITエンジニア向け見積もり作成のDXツールを展開する株式会社EngineerforceがSEEDラウンドにて総額3,500万円調達!

  • 製薬・医療機器メーカー向けのプロモーションSaaSを提供する株式会社フラジェリンが、大阪オフィスを「WeWork なんばスカイオ」に開設

  • エンジニア組織の活動量を自動解析し、生産性向上をサポート エンジニア組織支援SaaS「Findy Teams」正式版をリリース

  • 株式会社ピー・アール・オーが新規事業特化型コンサルティングを行うunlockとDX関連の開発を必要とする新規事業プロジェクトの支援加速に向け業務提携を開始

  • ビジネスカンファレンス「Carely Sustainable Expo 2021」を開催

News

  • オロ、ビジネスモデルにあったデジタル広告を可能にする独自指標「PGI」を開発

  • 【資金調達】ITエンジニア向け見積もり作成のDXツールを展開する株式会社EngineerforceがSEEDラウンドにて総額3,500万円調達!

  • 製薬・医療機器メーカー向けのプロモーションSaaSを提供する株式会社フラジェリンが、大阪オフィスを「WeWork なんばスカイオ」に開設

  • エンジニア組織の活動量を自動解析し、生産性向上をサポート エンジニア組織支援SaaS「Findy Teams」正式版をリリース

  • 株式会社ピー・アール・オーが新規事業特化型コンサルティングを行うunlockとDX関連の開発を必要とする新規事業プロジェクトの支援加速に向け業務提携を開始

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中