製造業のDXを支援する東京ファクトリー、写真を用いた工程管理システムの特許を取得

特許概要

「Proceedクラウド」専用アプリにより撮影された写真とクラウドにアップロードされた写真に対し、縦軸(部材)×横軸(工程)を選択しフォルダリングすることができる機能※です。また、「Proceedクラウド」に工程情報を登録することで本日進捗しておくべき工程をインジケーターで表示することができます。当機能により、写真データを「Proceedクラウド」へアップロードするだけで部材と工程情報を写真に対して紐づけし整理することで、製造現場の情報共有や工程管理が可能になります。また、写真へタグ情報を付与することで、検索も行えます。

※国際特許出願中(PCT/JP2021/ 24416)

取得の背景

本特許は2020年7月3日に出願を行い、2021年8月18日に登録されました。当社が開発・運営している製造過程で撮影する工程写真をベースに製造情報データベースを構築することでサプライチェーンの見える化と技能継承を実現するSaaS「Proceedクラウド」に実装している機能になります。製造現場の業務効率化、技術継承、納期・品質の改善、出張の削減を実現するため、「Proceedクラウド」になくてはならない機能です。

特許に関する情報

発明の名称 プログラム、方法、及びシステム
特許番号 特許第6931439号
特許権者 株式会社東京ファクトリー
発明者 池 実
出願番号 特願2020-115414
出願日 2020年(令和2年)7月3日
登録日 2021年(令和3年)8月18日

「Proceedクラウド」について

Proceedクラウド サービスイメージ図

「Proceedクラウド」は分散していた生産情報を工程写真を基に製造情報データベースを構築し、製造状況の可視化や技術継承のサポートを行うサービスです。モバイル端末での写真整理・保存機能、写真一覧画面への工程情報の表示機能、写真への書込み機能などにより、業務効率化、遠隔での製作進捗状況の把握、技能継承の基になるデータベースの構築を実現いたします。

サービス紹介サイト:https://proceed-cloud.com/

株式会社東京ファクトリーについて

製造現場のDXを実現するべく、製造情報DBの構築により技術継承の効率化やサプライチェーンの見える化を実現するクラウドサービス「Proceedクラウド」を開発・運用しております。Proceedクラウドの提供を通して、業務効率化、技術継承、納期・品質の改善、出張の削減を実現し、製造現場のDXを支援しています。

会社名:株式会社東京ファクトリー
本社所在地:東京都文京区本郷3-40-3 SKビル202
代表者:池 実
設立:2020年4月
事業内容:製造業向け SaaS の開発・販売・運用
    :業務改善コンサルティング
会社サイト:https://tokyofactory.co.jp/

引用元:PRTIMES

関連記事

  • ㍿エムケイシステムがクラウドストレージサービス「ShalomPost」のサービス提供を開始

  • ㍿トモヤが企業ユニフォームや学生服の申込・集計をサポートするユニフォームオーダー支援システム「TANQ」の本格的なサービス提供を開始

  • Aokumo㍿がAWSパートナー6社と共に「Cloud Native Builders Group」を設立

  • トクティー㍿がJTB旅連事業㍿と業務提携契約を締結

  • ㍿MatrixFlowがAI素材の流通基盤となるべく、MatrixFlowマーケットプレイスをリリース

  • ㍿いえらぶGROUPが㍿Tryellと連携し、Tryellが運営する「オンライン内見ポータル」との賃貸物件情報の連動を開始

News

  • ㍿トモヤが企業ユニフォームや学生服の申込・集計をサポートするユニフォームオーダー支援システム「TANQ」の本格的なサービス提供を開始

  • ㍿エムケイシステムがクラウドストレージサービス「ShalomPost」のサービス提供を開始

  • Aokumo㍿がAWSパートナー6社と共に「Cloud Native Builders Group」を設立

  • トクティー㍿がJTB旅連事業㍿と業務提携契約を締結

  • ㍿MatrixFlowがAI素材の流通基盤となるべく、MatrixFlowマーケットプレイスをリリース

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中