ゼンリン、「第1回 建設DX展」に出展。建設・不動産業における地図データの活用を紹介

株式会社ゼンリン(本社:福岡県北九州市、代表取締役社長:髙山善司、以下ゼンリン)は、2021年12月6日(月)~12月8日(水)の3日間、東京ビッグサイト(西展示棟)にて開催される「第1回 建設DX展」に出展します。ゼンリンは、高精度な地図情報と業種・業務に対応したサービスで、お客様の業務のDXを支援しています。本イベントでは、「地図ソリューションで始める建設DX」をテーマに、建設・不動産業務の課題解決を軸にした地図データの活用についてご紹介します。

■​主な出展内容
「地図ソリューションで始める建設DX」をテーマに、幅広いサービスを紹介します。

【参考資料】
■イベント概要

出展イベント:第1回 建設DX展 (総称:ジャパンビルド -建築の先端技術展-)
https://www.construction-dx.jp/ja-jp.html
日時:2021年12月6日(月)~12月8日(水) 10:00~18:00(8日(水)のみ17:00終了)
会場:東京ビッグサイト 西展示棟
ゼンリンブース位置:西1ホール 6-2
※新型コロナウイルス感染防止策を徹底し、ブースの運営を行います。
※記載されている社名、商品名は各社の登録商標または商標です。

■関連リンク
各商品・サービスについては、下記のゼンリン公式HP内より詳細をご確認ください。

・ZENRIN 3D地図データオンライン提供サービス:
https://www.zenrin.co.jp/product/category/gis/contents/3d/index.html

・ZENRIN GISパッケージ 建設 for 設計:
https://www.zenrin.co.jp/product/category/gis/package/bufd-pack/index.html

・ZENRIN GISパッケージ 建設 for 施工:
https://www.zenrin.co.jp/product/category/gis/package/bu-pack/index.html

・ZENRIN GISパッケージ 不動産プレミアム:
https://www.zenrin.co.jp/product/category/gis/package/rep-pack/index.html

・ZENRIN GISパッケージ 不動産:
https://www.zenrin.co.jp/product/category/gis/package/re-pack/index.html

・ZENRIN Maps API:
https://www.zenrin.co.jp/product/category/iot/api/index.html

引用元:PRTIMES

関連記事

  • データを活用した医療のデジタル化と臨床試験のDXを目指すテックドクターが、シリーズAラウンドで5億円を調達し、累計調達額6億円に。

  • スポーツクラブ・スクールや習い事の連絡網・決済システム「Sgrum」がIT導入補助金対象のITツールに認定

  • 【先着10社様 初期費用無料!】株式会社ScrumyがWeb3時代のまったく新しい「法人データストレージ」お試し体験サービスの先行申込受付を開始

  • ティップネス、「電子帳簿保存法」対応のため経費精算システム「eKeihi」を採用

  • DXで食品産業の課題解決を目指すGoals、シリーズAで総額15.5億円の資金調達を実施

  • 世界9カ国のビジネスリーダーを対象とした「グローバル・サステナビリティ・トランスフォーメーション調査レポート2022」を公開

News

  • ティップネス、「電子帳簿保存法」対応のため経費精算システム「eKeihi」を採用

  • 【先着10社様 初期費用無料!】株式会社ScrumyがWeb3時代のまったく新しい「法人データストレージ」お試し体験サービスの先行申込受付を開始

  • スポーツクラブ・スクールや習い事の連絡網・決済システム「Sgrum」がIT導入補助金対象のITツールに認定

  • データを活用した医療のデジタル化と臨床試験のDXを目指すテックドクターが、シリーズAラウンドで5億円を調達し、累計調達額6億円に。

  • DXで食品産業の課題解決を目指すGoals、シリーズAで総額15.5億円の資金調達を実施

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中