北海道電力ネットワーク㍿、ホクレン農業協同組合連合会およびゼロスペック㍿が、「灯油タンク残量監視センサの実証試験の共同実施」に関する覚書を締結し、実証試験を開始

北海道電力ネットワーク株式会社
ホクレン農業協同組合連合会 
ゼロスペック株式会社

電力スマートメーターの通信ネットワークを活用した「灯油タンク残量監視センサ」の実証試験の開始について

北海道電力ネットワーク株式会社(代表取締役社長:藪下 裕己、以下「北海道電力NW」)、ホクレン農業協同組合連合会(代表理事会長:篠原 末治、以下「ホクレン」)およびゼロスペック株式会社(代表取締役:多田 満朗、以下「ゼロスペック」)は、電力スマートメーターの通信ネットワークを活用した「灯油タンク残量監視センサの実証試験の共同実施」に関する覚書(以下、「本覚書」)を締結し、実証試験を開始しましたので、お知らせします。

本覚書に基づき、三社は、2022年11月から2023年3月までの期間、北海道電力NWおよびゼロスペックが共同で開発した「電力スマートメーターに通信可能な灯油タンク残量監視センサ(以下「灯油センサ」)」を一般のお客さま設備等に設置し、道内各地における多様な通信環境下で灯油センサの性能および通信品質等を確認する実証試験に取り組みます。

また、今回の実証試験を踏まえて、将来的には農業用としてハウスの加温に使用する灯油や、トラクター等の農業機械に使用する軽油等のタンクへの適正な配送を目指していきます。

灯油等の燃料配送は、一般的に定期配送またはお客さまによる残量の確認・依頼に基づきますが、本取り組みは、配送事業者がタンク内の液面高(残量)データをセンサで検知することにより、給油タイミングの適正化や効率的な配送ルートの設定が行えるなど、より安定的な配送に繋げるものです。

北海道電力NW、ホクレンおよびゼロスペックは、今後もそれぞれが保有する知見、技術および設備を活用しながら地域経済の発展や社会的な課題の解決に取り組んでまいります。

各社の会社概要

下記URLをご参照ください。

ご参考

  • 電力スマートメーター通信ネットワークを活用した「IOT通信サービス」の開始について(2022年9月21日公表)
  • 電力スマートメーター通信ネットワークを活用した「灯油タンク残量監視センサ」の開発・実証試験について(2021年12月15日公表)

実証試験の概要

  1. 期間:2022年11月~2023年3月
  2. 内容:灯油センサの性能および通信品質等を検証
  3. 概要図(イメージ図)

以上

引用元:PRTIMES

関連記事

  • プレイネクストラボ㍿の提供する「スマート公共ラボ with LINE SMART CITY GovTechプログラム」が、香川県観音寺市のLINE公式アカウントに採用

  • ㍿エルテが㍿フーモアと業務提携を行い、従業員のSNSリスクのマンガ教育教材「コミプラ」を共同リリース

  • ㍿エムケイシステムがクラウドストレージサービス「ShalomPost」のサービス提供を開始

  • ㍿トモヤが企業ユニフォームや学生服の申込・集計をサポートするユニフォームオーダー支援システム「TANQ」の本格的なサービス提供を開始

  • Aokumo㍿がAWSパートナー6社と共に「Cloud Native Builders Group」を設立

  • トクティー㍿がJTB旅連事業㍿と業務提携契約を締結

News

  • プレイネクストラボ㍿の提供する「スマート公共ラボ with LINE SMART CITY GovTechプログラム」が、香川県観音寺市のLINE公式アカウントに採用

  • ㍿エルテが㍿フーモアと業務提携を行い、従業員のSNSリスクのマンガ教育教材「コミプラ」を共同リリース

  • ㍿トモヤが企業ユニフォームや学生服の申込・集計をサポートするユニフォームオーダー支援システム「TANQ」の本格的なサービス提供を開始

  • ㍿エムケイシステムがクラウドストレージサービス「ShalomPost」のサービス提供を開始

  • Aokumo㍿がAWSパートナー6社と共に「Cloud Native Builders Group」を設立

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中