データ分析をもっと簡単に思い通りにする。Srushが累計2.6億円の資金調達を完了。

株式会社Srush(スラッシュ、本社:東京都中央区、代表取締役CEO: 樋口 海、以下 Srush )は、マネーフォワードベンチャーパートナーズ株式会社HIRAC FUND、ニッセイ・キャピタル株式会社を引受先とする第三者割当増資と金融機関からの借入により、1.8億円のプレシリーズAラウンドの資金調達を実施したことをご報告いたします。これにより累計調達額は2.6億円となります。調達した資金をもとに、データ分析SaaS『Sales Rush Board』の開発を強化するとともに、サービスの販売拡大および人材採用を促進してまいります。

株式会社Srushのメンバー。(左からCustomerManager戸張圭・CTO山崎康久・CEO樋口海・PdM西拓馬。)

背景と目的

当社は、「データ分析をもっと簡単に思い通りにする」をミッションに、エクセル・スプレッドシートのデータ集計グラフ化作業から解放するデータ分析SaaS『Sales Rush Board』を提供しています。昨今、リモートワークやDXの急激な普及、さらに次世代インターネットWeb3への移行によるデータの分散化により、企業が扱うデータ量が爆発的に増え、データの分断が急速に進んでおります。一方、データ活用への取り組み課題トップは「人材や専門知識の不足」となっており、加速度的に蓄積される膨大なデータ量に反して、企業はデータ活用を進められない現状となっています。(*1)

そのため、データ分析業務で必要とされるBIツール(データ分析サービス)を導入しても専門性の高いデータスキルがないことにより、十分な活用が出来ず、導入後の定着率は2割未満という実態です。そんな中、マーケティングや営業の現場にいるデスクワーカーは使い慣れたエクセルで、収集したデータの整理、手動での更新作業といったデータ分析業務を行っており、その作業は残業時間を含み一人当たり年間360時間にものぼるといわれております。ITが急激に進歩する一方で、30年変わらないエクセルに膨大な時間をかけざるを得ない状況は日本にとって大きな損失に他ならず、デスクワーカー3000万人の作業時間は、金額に換算すると年間約10兆円もの経済損失を生み出しています。(*2)

そこでSrushは、データ分析に関わる業務が全てノーコードで実現可能なデータ分析 SaaS『Sales Rush Board』を提供することで、データ収集や分析にかかるエクセル業務をデスクワーカーから解放し、10兆円もの損失を価値に変える企業を目指しています。これまで『Sales Rush Board』はSaaS、プラットフォーム、流通、人材、ECなどB向けC向け問わず、様々な業界において、スタートアップから上場企業と幅広い企業様にご利用いただいており、エクセルからの脱却及び劇的な生産性向上に寄与してきました。今後も、データ分析業務に膨大な時間を費やすデスクワーカーのため、プロダクトを磨き込み、際限のない顧客満足度の向上に尽力して参ります。

(*1)アンダーワークス社マーケティングデータ活用実態調査 2022年版
(*2)独立行政法人労働政策研究・研修機構[職業別就業者数2021年]より当社算出

Sales Rush Boardの特長

どんなデータも連携可能

連携可能なツールはグローバルでもトップ水準の700種類以上。各種クラウド、ソフトウェア、自社システムのCSVデータ、エクセルのKPI管理データも、一瞬で連携が完了します。

( 連携先:https://www.srush.co.jp/salesrushboard/connectors )

誰でも簡単にデータ分析が可能

エンジニアリングスキルや分析スキルなど、専門的な知識は一切必要ありません。「連携データを選択し、テンプレートから見たい分析を選ぶ」だけで、誰でも簡単に、思い通りのグラフを作成できます。

数字をベースとしたコミュニケーションへ

最新の数字やグラフが社内SNSやメールに通知されることでデイリーで施策の効果確認が可能。さらに、共有コストがゼロとなることで、レポーティング工数を圧倒的に削減できます。

導入企業一部抜粋

その他、日本を代表する大手企業からスタートアップまで幅広くご利用をいただいております。

投資家からのコメント

マネーフォワードベンチャーパートナーズ株式会社
HIRAC FUND GP 代表パートナー 古橋 智史氏

この度、樋口社長率いるSrushに出資させていただいた事を大変嬉しく思います。ここ数年でSaaS導入企業数は急増傾向にあり、特に営業の現場においては数値の可視化が急務である一方、これらの業務は重要視されながらもリソース不足で後回しにされがちです。Srushはその課題をシンプルなダッシュボード化で解決するソリューションを提供しています。樋口社長は元々別のベンチャーでCOO経験があり、事業解像度も高く、今後の事業成長を楽しみにしています。

ニッセイ・キャピタル株式会社
投資部 投資部長 伊東 駿氏

マーケティング・営業・CSの現場では様々なソフトウェアサービスが利用され、各サービス内には膨大なデータが資産として蓄積されている一方、サービスを横断したデータ分析には時間とコストを要することから、最大限に資産を有効活用することができておりません。この課題に対してSrushのプロダクトとチームには大きなポテンシャルがあると感じたため、出資させていただきました。樋口社長が思い描く世界の実現に向け、本ファイナンスからご一緒できることを大変嬉しく思います。

採用情報はこちら

現在セールス、カスタマーサクセス、エンジニアなど幅広く募集しております。DX時代の先は蓄積されたデータをどう活用するかです。今後求められるデータ人材としてのキャリアを弊社でご一緒しませんか?データに強くなるならSrushへ、ご応募お待ちしております。まずはカジュアルにお話しましょう。

( 採用サイト:https://n.srush.io/srush-recruit )

オンラインイベントのお知らせ

資金調達を経たSrushが語る未来とは。エクセルに潜む10兆円もの損失を価値に変える!

開催日時:2022年7月12日(火)17時半~18時
イベントリンク:https://peatix.com/event/3289170

よりリアルなSrushの成長の裏側をお届けする為、経営陣によるインタビュー配信イベントを開催いたします。

イベントではデータ分析 SaaS『Sales Rush Board』が注目された背景や開発に使用されているモダンな技術、 2000%成長率を実現している裏側などをお伝えする予定です。

会社概要

会社名 : 株式会社 Srush(Srush Inc.)
所在地 : 東京都中央区東日本橋2丁目24 - 9
代表者 : 樋口 海
設立:2019年11月21日
事業内容:Sales Rush Boardの企画・開発・運営・販売
URL: https://www.srush.co.jp/

引用元:PRTIMES

関連記事

  • TAMAGO Groupがクリエイター及びそのファンによる共同研究開発を支援する「TAMAGO」を発足し、NFTインキュベーションプラットフォーム「DIGIEGGS」のホームページを公開

  • ㍿文化資本創研のデジタル・オープンイノベーション・キャンパス準備委員会が、デジタル・オープンイノベーション・キャンパスを設け、産学連携での「DAO」の実証実験の実現に向けて着手

  • ㍿J-CAMが提供する「BitLending」が、正規版サービスをリリース

  • ㍿Space Viewが、新たな事業の柱としてメタバース事業に参入する事を発表

  • ㍿プレイネクストラボがが、「LINE SMART CITY GovTechプログラム」に「Lアラート」を連携できるオプションサービスをリリース

  • ㍿GValue東北が、弘前市内で取り組まれる地域DXの具現化を図る事業へのシステム提供及び、委員会へ参画を発表

News

  • TAMAGO Groupがクリエイター及びそのファンによる共同研究開発を支援する「TAMAGO」を発足し、NFTインキュベーションプラットフォーム「DIGIEGGS」のホームページを公開

  • ㍿文化資本創研のデジタル・オープンイノベーション・キャンパス準備委員会が、デジタル・オープンイノベーション・キャンパスを設け、産学連携での「DAO」の実証実験の実現に向けて着手

  • ㍿J-CAMが提供する「BitLending」が、正規版サービスをリリース

  • ㍿Space Viewが、新たな事業の柱としてメタバース事業に参入する事を発表

  • ㍿プレイネクストラボがが、「LINE SMART CITY GovTechプログラム」に「Lアラート」を連携できるオプションサービスをリリース

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中