日本初の宇宙利用プラットフォームを開発するElevationSpaceがプレシードラウンドにて3000万円の資金調達を実施

目次

国際宇宙ステーション(以下、ISS)に代わる日本初の宇宙環境利用プラットフォームを開発する東北大学発ベンチャー 株式会社ElevationSpace(本社:宮城県仙台市、代表取締役 / CEO:小林稜平)は、株式会社MAKOTOキャピタル、事業会社、個人エンジェル投資家計8者を引受先とする第三者割当増資(プレシードラウンド)により、約3000万円の資金調達を実施いたしました。
なお、当社の補助金等も含めた累計調達額は創業半年で約4000万円となります。

■プレシードラウンド資金調達の目的・背景

当社は、東北大学吉田・桒原研究室でこれまで開発してきた10機以上の小型人工衛星の技術を基に、2021年2月に設立された東北大学発宇宙スタートアップです。
ISSは、2000年の本格利用開始からこれまで、基礎科学的な実験から創薬などの産業利用まで幅広く利用されてきました。しかし、構造寿命などの関係から2024年以降のISSの運用は未定であり、運用終了後に宇宙利用を行う場所が無くなると考えられています。
そこで、当社は小型人工衛星内での宇宙実験や製造を可能とする小型宇宙利用・回収プラットフォーム「ELS-R」を開発しています。

本資金調達を受け、2023年の打上を目指して現在開発している技術実証機「ELS-R100」の開発を加速し、世界有数の技術である「大気圏再突入技術(大気圏で燃え尽きず、地球に帰還させる技術)」の獲得を目指します。

ELS-R機体イメージ

■第三者割当引受先(順不同)

・株式会社MAKOTOキャピタル
・株式会社中島田鉄工所(http://www.nakashimada.co.jp
・株式会社日ノ樹
・株式会社エンライズコーポレーション(https://www.enrise-corp.co.jp
・鈴木健吾 [ユーグレナ 執行役員 研究開発担当]
・丸幸弘 [リバネス(https://lne.st) グループCEO]
​・坂本達夫 [Smartly.io 日本事業責任者]
・高野秀敏 [キープレイヤーズ(https://keyplayers.jp) CEO]

■投資家コメント

株式会社MAKOTOキャピタル ベンチャーキャピタリスト 長谷川 剛氏
ElevationSpaceのCEO小林さんには、起業前から事業計画や資本政策について定期的にご相談をいただいており、その中で、小林さんの想い描くビジョンや宇宙産業で東北を盛り上げたいという想いに強く共感していました。また、MAKOTOキャピタルでは、東北からのイノベーション創出を目的として東北のスタートアップを中心に投資・支援を行っているところ、ElevationSpaceはまさに東北からイノベーションを創出するポテンシャルを有する企業であると思います。
そのため、今回、ElevationSpaceに対する投資・サポートの機会をいただけたことを大変嬉しく思います。ElevationSpaceのサービスが宇宙で当たり前に利用される社会の実現に向けて、全力で伴走支援させていただきます。

■当社の創業の経緯・目指すビジョン

当社は東北大学大学院生の小林稜平(代表取締役 / CEO)と東北大学准教授の桒原聡文(取締役 / CTO)が、「誰もが宇宙で生活できる世界を創り、人の未来を豊かにする」というミッションの下、共同設立した東北大学発宇宙スタートアップです。
CEOの小林稜平は、月面基地や宇宙ホテルといった宇宙建築の分野で精力的に活動しており、Mars City Design Challenges 2019を始めとする国内外のコンペティションで日本1位、世界2位を獲得しています。
当社が開発している小型宇宙利用・回収プラットフォーム「ELS-R」は、将来の宇宙旅行において必須となる技術であり、日本初の地球軌道上の宇宙ホテル建設を目指しています。

ElevationSpaceの宇宙建築構想

■小型宇宙利用・回収プラットフォーム ELS-R

「ELS-R」は、宇宙の特徴である微小重力環境でのサイエンス研究や地球では不可能な高品質材料の製造を実現、その成果物を地上まで持ち帰ることができます。

運用シナリオ

ISSは有人宇宙ステーションであり、国が管理しているプラットフォームであるため、安全管理の複雑さやリードタイムに課題があります。当社のサービスでは、小型で無人の人工衛星を用いているため、簡単に素早く利用することができ、他の手段と比べて優れたユーザビリティを有しています。

■採用について

当社は副業・フルタイム問わず、リエントリ機の開発経験を有するエンジニアを募集しています。
その他の職種も随時採用を開始していく予定ですので、取り組みに共感いただける方は気軽にご連絡ください。
お問い合わせ先:info@elevation-space.com

■株式会社ElevationSpace 代表取締役 / CEO 小林 稜平のコメント


今回、素晴らしい投資家の皆様に出資していただき、創業直後のフェーズを伴奏していただけることを、大変心強く思います。特にMAKOTOキャピタル様にはElevationSpaceの立上げ前からお世話になっていたため、正式にチームに加わっていただいたことが、とても感慨深いです。当社のELS-Rは、異分野企業の宇宙参入が必須となるこれからの宇宙旅行時代において欠かせなサービスとなると確信しています。今回のラウンドに参加してくださった投資家の皆様の知見を最大限に活用し、ミッションの実現に向け、目の前の事業開発に全力で取り組んで参ります。

■会社概要

社名:株式会社ElevationSpace(エレベーションスペース)
本社住所:宮城県仙台市青葉区国分町1-4-9 enspace
代表者:代表取締役 / CEO 小林稜平
CTO:取締役 / CTO 桒原聡文
設立:2021年2月3日
事業内容:小型宇宙利用・回収プラットフォーム事業、宇宙輸送事業、宇宙建築事業
URL:https://elevation-space.com

引用元:PRTIMES

関連記事

  • ヤプリ、アプリ開発にさらなる自由を与える新機能を多数発表〜モバイルDXを加速させる”デザイン・施策・連携”を強化〜

  • オロ、ビジネスモデルにあったデジタル広告を可能にする独自指標「PGI」を開発

  • 【資金調達】ITエンジニア向け見積もり作成のDXツールを展開する株式会社EngineerforceがSEEDラウンドにて総額3,500万円調達!

  • 製薬・医療機器メーカー向けのプロモーションSaaSを提供する株式会社フラジェリンが、大阪オフィスを「WeWork なんばスカイオ」に開設

  • エンジニア組織の活動量を自動解析し、生産性向上をサポート エンジニア組織支援SaaS「Findy Teams」正式版をリリース

  • 株式会社ピー・アール・オーが新規事業特化型コンサルティングを行うunlockとDX関連の開発を必要とする新規事業プロジェクトの支援加速に向け業務提携を開始

News

  • ヤプリ、アプリ開発にさらなる自由を与える新機能を多数発表〜モバイルDXを加速させる”デザイン・施策・連携”を強化〜

  • オロ、ビジネスモデルにあったデジタル広告を可能にする独自指標「PGI」を開発

  • 【資金調達】ITエンジニア向け見積もり作成のDXツールを展開する株式会社EngineerforceがSEEDラウンドにて総額3,500万円調達!

  • 製薬・医療機器メーカー向けのプロモーションSaaSを提供する株式会社フラジェリンが、大阪オフィスを「WeWork なんばスカイオ」に開設

  • エンジニア組織の活動量を自動解析し、生産性向上をサポート エンジニア組織支援SaaS「Findy Teams」正式版をリリース

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中