日清オイリオグループ株式会社 経済産業省が認定する「DX認定事業者」に選定

日清オイリオグループ株式会社(社長:久野 貴久)は、2022年3月1日付で経済産業省が定めるDX(デジタルトランスフォーメーション)認定制度に基づく「DX認定事業者」(※1)に選定されました。

当社グループでは、持続的な成長と持続可能な社会への貢献の実現に向けた、長期ビジョン「日清オイリオグループビジョン2030(以下、ビジョンと略記)」(※2)において、「デジタル活用によるイノベーション」や「デジタル活用による健康寿命延伸」を重要となる社会課題と位置づけています。

また、ビジョンの実現に向けた最初の4年間の中期経営計画「Value Up +」(※3)において、基本方針「もっとお客さまの近くへ」を支える重要な領域である「Marketing」「Technology」「Globalization」の全ての領域で、「デジタル技術を活用した情報基盤の整備、スマートファクトリーの実現」を核となる戦略としています。

そして、これらの戦略を推進する組織として、2021年9月1日付で「DX推進室」を設置しています。

今回の認定では、これらのDX戦略や推進体制構築の取り組みなどが評価され、認定取得に至ったと考えています。

当社グループでは、引き続きDXを推進し、持続的な成長と持続可能な社会への貢献の実現に向けて、事業活動の変革に取り組んでまいります。

※1:DX認定制度とは、「情報処理の促進に関する法律の一部を改正する法律」に基づき、デジタル技術による社会変化を踏まえ、ビジョンや戦略・体制の整備を行い、DX推進の準備が整っている事業者を経済産業省が認定する制度です。
※2:「日清オイリオグループビジョン2030」
https://www.nisshin-oillio.com/company/vision2030.pdf
※3:中期経営計画「Value Up +」
https://www.nisshin-oillio.com/company/valueup.pdf

引用元:PRTIMES

関連記事

  • 新潟県岩船郡粟島浦村がWeb完結型電子契約「クラウドサイン」を導入。村および離島における日本初の事例としてDXを推進

  • 脆弱性管理クラウド「yamory」が、緊急脆弱性の速報通知機能を開始

  • 富士通、AWSと金融業界および小売業界のDX加速に向けて戦略的協業

  • 水上交通分野におけるDX・スマートシティにかかる研究開発等で連携協定を締結

  • 環境省がレバテックでDX人材をスカウト

  • サイバー大学、 IT分野の専門職教育サービスを強化 「プロフェッショナルラーニングセンター」設立

News

  • 新潟県岩船郡粟島浦村がWeb完結型電子契約「クラウドサイン」を導入。村および離島における日本初の事例としてDXを推進

  • 水上交通分野におけるDX・スマートシティにかかる研究開発等で連携協定を締結

  • 富士通、AWSと金融業界および小売業界のDX加速に向けて戦略的協業

  • 脆弱性管理クラウド「yamory」が、緊急脆弱性の速報通知機能を開始

  • 環境省がレバテックでDX人材をスカウト

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中