飯綱町立三水小学校が凸版印刷㍿の協力のもと、5年生を対象にプログラミング学習を実施

飯綱町立三水小学校(校長:鈴木雅幸、以下 三水小)は、飯綱町の廃校活用施設いいづなコネクトEAST(旧三水第二小学校)にシステム開発拠点「TOPPAN ICT KŌBŌ」を構える凸版印刷株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:麿 秀晴、以下 凸版印刷)の協力のもと、5年生を対象にプログラミング学習を実施します。

9月に実施した三水小デジタルクラブでのプログラミング学習の様子

プログラミング学習実施の背景

学習指導要領が改訂され、全国の小学校でプログラミング教育が必修化されました。また、飯綱町では全小中学生にタブレットを配付し、積極的にICT教育を進めています。そこで今年度、飯綱町に拠点を構え、包括連携協定締結企業である凸版印刷の皆さんに協力をいただき、三水小5年生の算数の授業「円と正多角形」で、タブレットを使ったプログラミング学習の支援をいただけることとなりました。

プログラミング学習のおもな内容

プログラミングの基本的な考え方等を学べる「スクラッチ」を使って、図形を描く設計、シミュレーションをし、最終的にはいいづなコネクトEASTのグラウンドに自分たちで設計した図形を描いて、プログラミング的思考を養います。

  • 日 時  令和4年10月21日(金) 午前9時00分~正午(予定) 対象:三水小5年1組
         令和4年11月4日(金) 午前9時00分~正午(予定) 対象:三水小5年2組
  • 場 所  いいづなコネクトEAST(住所:上水内郡飯綱町大字赤塩2489番地)
    ※天候によっては開催できない場合があります。開催状況は以下にお問い合わせください。

お問い合わせ先

飯綱町企画課企画係 DX推進室
TEL:026-253-2511(平日 8:30~17:15)
e-mail:kikaku@town.iizuna.nagano.jp

引用元:PRTIMES

関連記事

  • ㍿エムケイシステムがクラウドストレージサービス「ShalomPost」のサービス提供を開始

  • ㍿トモヤが企業ユニフォームや学生服の申込・集計をサポートするユニフォームオーダー支援システム「TANQ」の本格的なサービス提供を開始

  • Aokumo㍿がAWSパートナー6社と共に「Cloud Native Builders Group」を設立

  • トクティー㍿がJTB旅連事業㍿と業務提携契約を締結

  • ㍿MatrixFlowがAI素材の流通基盤となるべく、MatrixFlowマーケットプレイスをリリース

  • ㍿いえらぶGROUPが㍿Tryellと連携し、Tryellが運営する「オンライン内見ポータル」との賃貸物件情報の連動を開始

News

  • ㍿トモヤが企業ユニフォームや学生服の申込・集計をサポートするユニフォームオーダー支援システム「TANQ」の本格的なサービス提供を開始

  • ㍿エムケイシステムがクラウドストレージサービス「ShalomPost」のサービス提供を開始

  • Aokumo㍿がAWSパートナー6社と共に「Cloud Native Builders Group」を設立

  • トクティー㍿がJTB旅連事業㍿と業務提携契約を締結

  • ㍿MatrixFlowがAI素材の流通基盤となるべく、MatrixFlowマーケットプレイスをリリース

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中