スタートアップとさっぽろ連携中枢都市圏内12市町村との行政オープンイノベーションプロジェクト「Local Innovation Challenge HOKKAIDO」2022年度の募集開始!

札幌・北海道からスタートアップムーブメントの創出を図るSTARTUP CITY SAPPOROプロジェクトでは、さっぽろ連携中枢都市圏内の12自治体と連携し、圏内の地域・行政課題を国内外のスタートアップとの協働により解決を目指す、国内最大級の行政オープンイノベーションプロジェクト「Local Innovation Challenge HOKKAIDO 」の2022年度の募集テーマを公開し、参加スタートアップの募集を開始しました。今年度は、12市町村の共通テーマとして「行政DXの推進」「交流人口・関係人口の創出」、個別テーマとして「除雪オペレーションのスマート化」「公共空間の利活用・賑わい創出」など計13のテーマに対するテーマでのアイデアを国内外のスタートアップから募集します。

取組の背景

さっぽろ連携中枢都市圏は、人口減少、少子高齢社会にあっても、圏域内の活力を維持し、魅力あるまちづくりを推進することを目的に、札幌市、小樽市、岩見沢市、江別市、千歳市、恵庭市、北広島市、石狩市、当別町、新篠津村、南幌町、長沼町の12市町村で2019年に形成されました。2020年からは、圏域や各自治体が抱える地域課題や行政課題を国内外のスタートアップと協働し、解決を目指す行政オープンイノベーションプロジェクト「Local Innovation Challenge HOKKAIDO」の取り組みを開始しました。

2年目である2021年度は、14の募集テーマに対し、57件のアイデア応募があり、「交流人口・関係人口の創出」「火災の予防、救急要請につながる事故の予防」「情報発信のスマート化」に関するプロジェクト計4件を採択しました。

3年目の取り組みとなる本年度は、計13のテーマに対するアイデアを募集し、最大10件を採択予定です。

採択プロジェクトには、最大50万円までの実証実験(PoC)支援金を提供するほか、自治体とのマッチングから実証実験の構築支援まで、STARTUP CITY SAPPORO事務局が担当制でサポートします。また、フルオンラインでのご参加も可能です。

Local Innovation Challenge HOKKAIDO 2022公募概要

募集テーマ

  • さっぽろ連携中枢都市圏内の自治体が有する地域課題や行政課題(下記参照)

参加資格

  • 先進的な技術やアイデアを有し、地域や行政課題の解決策を持つスタートアップ企業
  • 地域や行政と協働し、新規事業の創出を目指すスタートアップ法人または個人(チームでの参加も可能)

支援内容

  • 実証実験(PoC)の実施にかかる支援金の提供(プロジェクト1件あたり50万円(税込)上限)
  • 実証実験(PoC)の実施に必要な関係各所との調整、フィールドの調整
  • メディア露出等の広報PR
  • アマゾン ウェブ サービス(AWS)の公共分野におけるスタートアップ支援プログラム「AWS Startup Ramp」等を通した、技術支援やトレーニング、AWS無料クレジット、販路開拓支援等のご提供
  • PoC実施に必要な技術連携を目的とした、スタートアップと国内外の企業をつなぐ独立行政法人 中小機構基盤整備機構のビジネスマッチングサイト「J -Good Tech(ジェクテック)」のご活用

応募方法

採択件数

  • 事務局、自治体との面談審査の上、最大10件をプロジェクトとして採択予定

※選考方法、選考基準、スケジュールは公式ページにてご確認ください。

協賛企業

  • アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社

2022年度の募集テーマ

共通テーマ(さっぽろ連携中枢都市圏全体の課題)

  • 行政DXの推進
  • 交流人口・関係人口の創出

個別テーマ(各自治体の課題)

  • 札幌市: 公共空間の利活用、賑わい創出
         公共交通機関の利用促進
  • 小樽市: 子育て支援の推進
         移住、定住の促進
         新しい観光サービスの創出
  • 岩見沢市:防災対策
         新しい観光サービスの創出
  • 江別市: 地域内の消費行動促進策のスマート化
         救急要請の最適化
         新しい観光サービスの創出
         移住、定住の促進
  • 恵庭市: 除雪オペレーションのスマート化
         防災対策
  • 石狩市: 地場産品のPR、販路拡大
  • 当別町: スマート農業
         新しい観光サービスの創出
  • 新篠津村:スマート農業
         子育て支援の推進
  • 南幌町: 新しい観光サービスの創出
         移住、定住の促進
         地場産品のPR、販路拡大
         公共空間の利活用、賑わい創出

※参画自治体のうち、記載のない自治体は共通テーマのみの募集となります。

公募期間

第1期締め切り: 2022年 7月31日(日) 23時59分まで

※10月より第2期募集を予定しておりますが、第1期での応募が多数の場合は、第2期募集を行わない場合があります。

※第1期、第2期で募集のテーマを変更する場合があります。

引用元:PRTIMES

関連記事

  • イチニ㍿が㍿Geolocation Technologyと資本業務提携を締結

  • 合同会社イーストタイムズと㍿シオンが業務提携契約を締結し、ベンチャー企業向け支援サービス「FRコーポレートブランディング」を共同でリリース

  • ㍿Branding Engineerが㍿アースインフィニティと、メタバース推進活動における事業開発パートナーシップに合意

  • ㍿Speeeが㍿MFSと業務提携を開始

  • プレイネクストラボ㍿の提供する「スマート公共ラボ with LINE SMART CITY GovTechプログラム」が、香川県観音寺市のLINE公式アカウントに採用

  • ㍿エルテスが㍿フーモアと業務提携を行い、従業員のSNSリスクのマンガ教育教材「コミプラ」を共同リリース

News

  • イチニ㍿が㍿Geolocation Technologyと資本業務提携を締結

  • 合同会社イーストタイムズと㍿シオンが業務提携契約を締結し、ベンチャー企業向け支援サービス「FRコーポレートブランディング」を共同でリリース

  • ㍿Branding Engineerが㍿アースインフィニティと、メタバース推進活動における事業開発パートナーシップに合意

  • ㍿Speeeが㍿MFSと業務提携を開始

  • プレイネクストラボ㍿の提供する「スマート公共ラボ with LINE SMART CITY GovTechプログラム」が、香川県観音寺市のLINE公式アカウントに採用

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中