【SOLANOWA】明治グループがSOLANOWA上でグループ報の運用を開始!約18,000人のグローバルコミュニケーションを形成

株式会社スカイアーク(本社:東京都千代田区丸の内、代表取締役:平栗健太郎)が提供するWeb社内報サービス「SOLANOWA(https://solanowa.jp)」は、明治グループの従業員約18,000名が利用するグループ報のプラットフォームに採用いただきました。

SOLANOWAは、Web社内報の導入をご検討されている企業向けに、導入効果や運用イメージを掴んでいただけるよう多数の導入事例を公開しております。今回は、明治ホールディングス株式会社さま(以下、明治グループ)にご協力いただきました。グローバルに多数拠点を展開されている明治グループさまならではの課題や施策が盛り込まれた内容となりますので、導入事例資料をダウンロードの上、是非ご覧ください。

導入事例:https://solanowa.jp/casestudy/MeijiHoldings.html

資料より一部抜粋

明治グループは、海外に30を越える拠点を持ち、グローバルに食と健康に関わる事業を展開しています。以前から国内向けグループ報と、海外従業員向けに英語・中国語で編集したグループ報を紙媒体で発行し、グループの一体感醸成とコミュニケーションの活性化を推進してきました。しかし、紙媒体ということでタイムリーに情報発信することができておらず、国内と海外をつなぐコミュニケーションができていないことも課題でした。この現状を変えるため、国や事業を超えてグループ全体で情報を発信・共有するツールがないかと探していたところ、SOLANOWAを知りました。また、中国拠点からもアクセスでき、セキュリティ面をクリアして対応できるということも導入を決めたポイントでした。

お客さまの事業内容

明治グループは100年以上にわたり「おいしさ・楽しさ」の世界を拡げ、「健康・安心」への期待に応えてゆくことを使命として取り組んできました。食と医薬を併せ持つ企業グループとして「meijiらしい健康価値」を創出し、これらの社会課題の解決に貢献してまいります。「食と健康」のプロフェッショナルとして、常に一歩先を行く価値を創り続けます。

明治ホールディングス株式会社

設立:2009年4月1日
従業員数:17,336人(2022年3月31日現在)
所在地:〒104-0031 東京都中央区京橋ニ丁目4番16号
事業内容:食品、薬品等の製造、販売等を行う子会社等の経営管理およびそれに付帯または関連する事業

SOLANOWAについて

SOLANOWAは、いつでも、どこでも、アプリやPCから読むことができるWeb社内報サービスです。「社員が会社のファンになる」をコンセプトに、社内コミュニケーションの課題解決に役立つ豊富な機能を搭載しました。2021年にはITR社の市場調査により、Web社内報 エンタープライズ市場において3年連続シェアNo.1を獲得し、国内・海外の70万人を超えるユーザーにご利用いただいております。

SOLANOWA3つの特徴

  1. Web開発会社ならではのノウハウを活かし、100を超える豊富な機能を搭載
  2. 定額制のためユーザー数を気にせず、いつでも気軽にアカウントを追加可
  3. 総務省が定めるICTの信頼性に関わる情報指針に沿った堅牢なセキュリティ

社員が会社のファンになる

社員一人一人が会社の一員であることに喜びや誇りを持ち、全員が一丸となることで強い組織を形成することができます。そのためには社員同士がお互いに関心を持ち、積極的にコミュニケーションをとることで相互理解を深めるための環境を用意することが重要です。SOLANOWAは、コミュニケーションの場を提供することで、組織のエンゲージメントを高め、強固なチームワークを形成するための原動力となれればと考えています。

サービス詳細:https://solanowa.jp/

スカイアークについて

スカイアークは、創業当時より企業コミュニケーションのDXを支援してきました。高いセキュリティにより国内シェアNo.1を誇るCMS「Movable Type」において、トップレベルの開発実績を持ち、また、昨今では自社の主力製品でもあるWeb社内報サービス「SOLANOWA」を中心に、これまで2,000社以上の企業へサービスを提供してきました。私たちは、これからも「コミュニケーション技術の革新を通じ、組織のWell-Beingな"はたらき"を創造する」を経営理念に、企業コミュニケーションを支援し続けます。

次世代のロールモデルとなるような社会的インパクトのある事業を創出したとして、第5回「日本ベンチャー大賞・農林水産大臣賞(主催:経産省、農水省、オープンイノベーションベンチャー創造協議会)」をグループ全社(※当時 ファームノートグループ)で受賞しました。

株式会社スカイアーク

代表取締役 平栗健太郎
設立:2004年9月
本社:東京都千代田区丸の内3-2-2 丸の内二重橋ビル
URL:https://www.skyarc.co.jp

リリースに関するお問い合わせ

プロダクト事業部
事業部長 柴田将之
マーケティンググループ 村上恵美
TEL:03-6632-7730
E-Mail:info@solanowa.jp

引用元:PRTIMES

関連記事

  • 【知の探索と深化】光学機器関連企業が多く保有する画像処理技術の意外な用途展開として10分野での可能性を発見!技術がつなぐ養蜂DXとサステナブル繊維

  • Adecco、三重県桑名市職員を対象に3Skillsプログラム研修の提供を開始

  • ぐるなびは仕入モールのトップ画面をリニューアルしました

  • データ分析をもっと簡単に思い通りにする。Srushが累計2.6億円の資金調達を完了。

  • ナルミヤ・インターナショナルがvisumo videoで新しい動画活用を開始。

  • 【歴代最高】1156億円の総資産額、2万人超による参加によりXANAメタバースのIDOが完了

News

  • 【知の探索と深化】光学機器関連企業が多く保有する画像処理技術の意外な用途展開として10分野での可能性を発見!技術がつなぐ養蜂DXとサステナブル繊維

  • Adecco、三重県桑名市職員を対象に3Skillsプログラム研修の提供を開始

  • ぐるなびは仕入モールのトップ画面をリニューアルしました

  • データ分析をもっと簡単に思い通りにする。Srushが累計2.6億円の資金調達を完了。

  • ナルミヤ・インターナショナルがvisumo videoで新しい動画活用を開始。

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中