「そばロボット」続々導入。「いろり庵きらくそば王子店」で4月22日より稼働開始!

JR東日本スタートアップ株式会社(代表取締役社長:柴田裕、以下「JR東日本スタートアップ」)が資本業務提携を行い、JR東日本グループとの連携を進めているコネクテッドロボティクス株式会社(代表取締役CEO:沢登哲也、以下「コネクテッドロボティクス」)と、株式会社JR東日本クロスステーション フーズカンパニー(カンパニー長:日野正夫 以下「JR-Cross」)は、4月22日より新規オープンする「いろり庵きらくそば王子店」に「そばロボット」を導入します。
 昨年「そばいちペリエ海浜幕張店」にロボットアームを2本にした「そばロボット」を導入し、生産性の向上や安定稼働に向けた様々な検証を行っておりました。このたび複数店舗に導入していく体制が整いましたので、「いろり庵きらくそば王子店」を皮切りに、いろり庵きらくブランドでも導入することで、取り組みを更に推進していきます。
 ロボットアーム2本を活用した「そばロボット」は、生そばの投入から茹でる、洗う、締めるという一連の調理工程を完全自動化することにより、店舗全体の約12時間分程度、従業員約1人分以上の作業量を代替することができ、かつ安定した美味しさを提供していきます。コロナ禍では、非接触のニーズの高まりもあり、ロボット調理の重要性は広がっております。今後も導入を加速し、2026年までにJR-Crossが運営する駅そば店舗30店への導入を目指していきます。

【店舗概要】
オープン日:2022年4月22日(金)
場     所:JR王子駅北口改札外「いろり庵きらくそば王子店」


<そばロボットの機能>
1本目のロボットアームが生そばを番重(仕切り付容器)から取出しテボ(茹で用ザル)へ投入し、その後、2本目のロボットアームにより茹でる、洗う、締めるという一連の調理工程を行います。
1時間あたりのそば調理数:150食

■各社概要

JR東日本スタートアップ
会社名 :JR東日本スタートアップ株式会社
所在地 :東京都港区高輪2-21-42
代表者 :代表取締役社長 柴田 裕
設立 :2018年2月
事業内容 :事業シーズや先端技術の調査・発掘、ベンチャー企業への出資及びJR東日本グループとの協業推進
URL:http://jrestartup.co.jp/

コネクテッドロボティクス
会社名 :コネクテッドロボティクス株式会社
所在地 :東京都小金井市中町2-24-16
代表者 :代表取締役CEO 沢登 哲也
設立 :2014年2月
事業内容 :食産業むけロボティクスサービスの研究開発および販売
URL:https://connected-robotics.com/

JR東日本クロスステーション フーズカンパニー
会社名 :株式会社JR東日本クロスステーション フーズカンパニー
所在地 :東京都台東区台東一丁目30番7号
代表者 :カンパニー長 日野 正夫
設立 :2021年4月
事業内容 :駅構内を中心とした飲食店や食物販店舗等の経営、麺、米飯の製造・加工、給食受託
URL:https://www.jr-cross.co.jp/corp/business/foods.html

引用元:PRTIMES

関連記事

  • ㍿SBI証券とSBIホールディングス㍿がシンプレクス・ホールディングス㍿と資本業務提携契約を締結し、シンプレクス・ホールディングスの普通株式のSBIホールディングスによる取得および合弁会社の設立

  • ㍿ストリートスマートがチエル㍿と教育DX分野で業務提携契約を締結

  • シソーラス㍿が長野DXセンターでの活動を通して培った経験をもとに、開発着手した地方企業の業務改革や新規事業創出を支援するための完全クラウド型デジタルプラットフォーム「goodsoil」をリリース

  • エン・ジャパン㍿が長崎県のソーシャルインパクト採用プロジェクトを実施し、県内で初の副業やリモート可のポジションを新設および「デジタルコーディネーター」を公募した結果、3名の採用が決定

  • 三菱ケミカルグループ㍿および三井化学㍿が、社会・産業の基盤である化学品物流の標準化・効率化に向けた共同検討を開始

  • Aerospike合同会社とLibrus㍿が、Aerospike® Real-time Data Platform分野でパートナー契約を締結

News

  • ㍿SBI証券とSBIホールディングス㍿がシンプレクス・ホールディングス㍿と資本業務提携契約を締結し、シンプレクス・ホールディングスの普通株式のSBIホールディングスによる取得および合弁会社の設立

  • ㍿ストリートスマートがチエル㍿と教育DX分野で業務提携契約を締結

  • シソーラス㍿が長野DXセンターでの活動を通して培った経験をもとに、開発着手した地方企業の業務改革や新規事業創出を支援するための完全クラウド型デジタルプラットフォーム「goodsoil」をリリース

  • エン・ジャパン㍿が長崎県のソーシャルインパクト採用プロジェクトを実施し、県内で初の副業やリモート可のポジションを新設および「デジタルコーディネーター」を公募した結果、3名の採用が決定

  • 三菱ケミカルグループ㍿および三井化学㍿が、社会・産業の基盤である化学品物流の標準化・効率化に向けた共同検討を開始

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中