㍿SGSTと㍿東芝テックが、飲食店のDX推進に向けた業務提携を実施

株式会社SGST(本社:東京都港区、代表取締役:小鹿泰光、以下「SGST」)と東芝テック株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:錦織弘信、以下「東芝テック」)は、飲食店のDX推進に向けた業務提携を実施します。また、当該業務提携の第1弾として、2022年9月1日よりSGSTが取り扱う配膳ロボット「BellaBot(ベラボット)」について、東芝テックグループによる全国展開および導入サポートを開始します。

配膳ロボット BellaBOT

飲食業界は、新型コロナウイルス感染症拡大を契機とした外出自粛、非接触の接客サービス需要の急増など経営環境が大きく変化し、人手不足の問題と業務効率化の必要性が高まっています。

SGSTと東芝テックは業務提携の第1弾として、SGSTが取り扱う配膳ロボット「BellaBot」の東芝テックグループによる全国展開、導入サポートを開始します。配膳ロボットは、来店客とスタッフとの非接触の接客サービスを実現し、飲食店の人手不足解消および業務効率改善を提案します。昨今大手ファミリーレストランチェーンなどを中心に導入が進んでおり、今回、東芝テックのグループ会社である東芝テックソリューションサービス株式会社が全国規模で導入支援サービス、サービスデスク対応、オンサイト保守を担います。また今後、配膳ロボット「BellaBot」について東芝テックが開発を推進するグローバルリテールプラットフォーム「ELERA(エレラ)」と接続することにより、POSシステム、無線オーダーシステム、セルフオーダーシステムなどのワンストップサービスが実現可能で、飲食店と来店客の双方にスマートな店舗体験を提案します。

SGSTは「10年先のイノベーション」を見据え、AIとIoTで社会の未来に貢献する製品、サービス開発に取り組み、ロボティクスを活用した飲食店舗での非接触ソリューション分野においてお客様の課題解決を目指しています。東芝テックは「グローバルトップのソリューションパートナーを目指す」という目標のもと、グローバルリテールプラットフォーム「ELERA」の開発を推進しています。「ELERA」上にエコシステムを構築することでサイバー分野を得意としたパートナーとの共創をおこない、「ELERA」のマイクロサービスの拡充と、業種・業態に関わらずお客様が抱える課題の解決を目指しています。

私たちは今回の業務提携に基づき、東芝テックの「ELERA」上に構築された飲食店向けマイクロサービス「OrderLinkage(オーダーリンケージ)」を活用して、SGSTと東芝テックがそれぞれ保有する飲食ソリューションを相互に連携、飲食店の業務効率改善など両社のシナジーを発揮し、DX加速をはじめとする付加価値の提供とソリューション提案を目指します。

配膳ロボット「BellaBot」の主な特長

  1. 非接触での料理提供を実現
    お客様と従業員の接触機会が減るので、衛生面で安心です。
  2. 業務効率化で従業員の負担を軽減
    配膳・バッシング・案内を自動化し、業務の効率化を図れます。
    従業員の業務負担を軽減し、サービスの提供に注力できます。
  3. 飲食店でも安心な安定走行
    80cmの通路幅があれば、走行可能です。
    最小20cmの高さの障害物を検知してストップするので、お子様や荷物への衝突を回避します。
    安定性のある走行で、飲み物が入ったコップも配膳することができます。
  4. 料理受け取り感知センサー
    料理を受け取るとセンサーで感知し、自動で次の配膳先に移動します。
    お客様にて、画面操作の必要がありません。
  5. ライト
    複数テーブルに配膳する際、該当のテーブルに来ると、ライトでどのトレイの料理かを案内します。
  6. 誕生日モード
    誕生日ケーキやプレゼントを届けたり、バースデーソングを流したりすることができます。

配膳ロボット「BellaBot」の発売概要

  • 商品名      : 配膳ロボット「BellaBot」
  • 取扱開始日  : 2022年9月1日
  • 価格        : 2,920,000円~(導入・設定費用別)
  • 発売地域    : 全国
  • 販売予定数  : 約600台 / 年
  • 販売ターゲット : 飲食店

東芝テックの概要

東芝テックは、「ともにつくる、つぎをつくる。~いつでもどこでもお客様とともに~」を経営理念とし、流通小売業界やオフィスなどさまざまなワークプレイスにおける働き方改革を、グローバルに、現場主義に徹して支援しています。世界はいま、廃棄ロスやCO₂の増加、人手不足や働き方改革といった社会課題に直面しています。私たちはグローバルに展開する拠点網やサービス体制を駆使し、お客様やパートナーと新たな価値や社会課題解決のソリューションを共創する「グローバルトップのソリューションパートナー」になることを目指しています。

本件に関する報道関係者のお問い合わせ先

株式会社SGST
広報担当:営業推進部GM 礒部 豊      TEL:03-4500-9880

東芝テック株式会社
経営企画部 広報室     TEL:03-6830-9151

本件に関するお客様のお問い合わせ先

東芝テック株式会社 リテール・ソリューション事業本部
ソリューション企画開発センター 次世代・専門店ソリューション商品部
飲食店ソリューション担当    TEL:03‐4213‐0771

SGST Smart Base Tokyo

引用元:PRTIMES

関連記事

  • パーソルホールディングス㍿が人的資本経営における、育成・リスキリングに関する企業の取り組み実態調査を実施

  • SUSMED㍿・ClinChoice㍿・㍿リニカルが業務提携し、効率的かつ効果的な臨床試験フルサポートサービスの提供を開始

  • キャディ㍿が米国に現地法人「CADDi Co., Ltd.」を設立

  • ㍿FCCテクノがサイボウズ㍿が提供する「kintone」と、freee㍿が提供する「freee会計」を連携する「キンフリ」をリリース

  • みずほリース㍿が野村不動産㍿が運営する、物流DX推進プラットフォーム「Techrum」に参画

  • ㍿ニーズウェルが企業の業務のDX化をサポートするソリューションとして、アセンテック㍿とともに「SharePoint活用サービス」を開始

News

  • パーソルホールディングス㍿が人的資本経営における、育成・リスキリングに関する企業の取り組み実態調査を実施

  • キャディ㍿が米国に現地法人「CADDi Co., Ltd.」を設立

  • SUSMED㍿・ClinChoice㍿・㍿リニカルが業務提携し、効率的かつ効果的な臨床試験フルサポートサービスの提供を開始

  • ㍿FCCテクノがサイボウズ㍿が提供する「kintone」と、freee㍿が提供する「freee会計」を連携する「キンフリ」をリリース

  • みずほリース㍿が野村不動産㍿が運営する、物流DX推進プラットフォーム「Techrum」に参画

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中