三井住友ファイナンス&リース㍿とアビームコンサルティング㍿が、SMFLが提供しているモノのライフサイクル管理を効率化するクラウドサービス「assetforce」のコンサルティングパートナー契約を締結

三井住友ファイナンス&リース株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:橘 正喜、以下「SMFL」)とアビームコンサルティング株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鴨居 達哉、以下「アビームコンサルティング」)は、モノにまつわる様々な経営課題の解決を通じた企業の変革を支援するため、SMFLが提供しているモノのライフサイクル管理を効率化するクラウドサービス‘assetforce’※1のコンサルティングパートナー契約を締結しました。

協業の背景

デジタルテクノロジーの進展、環境意識の向上、SDGs経営への意識の高まりなど、モノに対する価値観や購買方針の変化を背景に、調達・利用・処分などモノの管理におけるあらゆるシーンで、課題の多様化・複雑化が進んでいます。また、昨今の原材料・部品の高騰により最適な調達先の選定や適正な市場価格の決定が必要となり、さらに、環境に対する企業責任の観点から製品廃棄の見直しも進み、バリューチェーン(調達、製造、物流、小売までの一連の流れ)の垣根を超えた新たなモノの管理が求められています。

一方、モノを取り扱う現場では、多種多様な業務プロセスに適合するシステムが見当たらず、デジタル化を加速させるためのDX人材の育成には時間を要するため、企業間および現場と本部の情報が分断された状態が続いています。これらの課題解決を通じ、企業の変革を支援するためコンサルティングパートナー契約を締結し、協業を開始しました。

取り組み概要

SMFLのリース事業で培ったモノに関する知見ならびに‘assetforce’をはじめとする内製のシステム開発力と、アビームコンサルティングの多様な業界に関する知見や難易度の高い経営課題を解決してきたプロジェクト実行力を組み合わせることで、企業の課題を正確に把握し、機能設計の柔軟性が高い‘assetforce’の特長を生かして、企業の課題解決を支援していきます。

具体的には、企業の枠を超えてモノのバリューチェーンを‘assetforce’で繋ぎ、モノの仕様・ステータス・履歴・数量などの情報を企業間で共有することで、企業単体では成し得なかった現場の効率化を実現、更には様々な角度からデータを可視化することで経営判断の高度化を支援していきます。

また、廃棄物の削減をはじめとする社会課題にも対応し、社会変革を見据えた循環型経済(サーキュラーエコノミー)の実現を目指します。

導入事例

協業の第一号案件として、イオンマーケット株式会社(本社:東京都杉並区、代表取締役社長:乾 哲也、屋号:ピーコックストア、以下「イオンマーケット」)へのサービス提供を開始しています。

イオンマーケットでは、“低コスト・高効率を目指したサービスとオペレーションの実現”を目指しデジタル化を進めています。その一環として、‘assetforce’を活用した設備情報の集約・可視化、現場オペレーションの効率化、設備耐久性の向上を実現すべく、イオンマーケット・SMFL・アビームコンサルティングの3社で取り組みを開始しました。今後、経営視点で必要な様々な情報を‘assetforce’とシームレスに連携し、モノのデータを活用し更なる高度化を検討していく予定です。

※1 assetforce(アセットフォース)
SMFLが提供する現物・資産管理クラウドサービスです。
お客さまの課題に合わせて機能を自由に組み合わせ柔軟に設定できる点が特長で、AI、IoT、ARなどの先端デジタル技術を活用し、事業活動で使用される機械・設備・商材について、導入の計画段階から、取得・調達、運用・管理、そして売却・廃棄に至るまでの全てのプロセスを一元管理し、モノにまつわる課題を解決します。
https://pr.asset-force.com/

三井住友ファイナンス&リース株式会社について

SMFLは、経営理念・経営方針などを示す「SMFL Way」のOur Vision(私たちの目指す姿)の一つとして「デジタル先進企業」を掲げ、デジタルをエッジとしたビジネスの変革を推進する企業を目指しています。これからも、あらゆる資産を扱う総合リース会社の機能・知見・ノウハウをベースに資産のライフサイクルにおけるデジタルシフトを推進していきます。

ホームページ:https://www.smfl.co.jp/

アビームコンサルティング株式会社について

アビームコンサルティングは、アジアを中心とした海外ネットワークを通じ、それぞれの国や地域に即したグローバル・サービスを提供している総合マネジメントコンサルティングファームです。戦略、BPR、IT、組織・人事、アウトソーシングなどの専門知識と、豊富な経験を持つ約 6,900 名のプロフェッショナルを有し、金融、製造、流通、エネルギー、情報通信、パブリックなどの分野を担う企業、組織に対し幅広いコンサルティングサービスを提供しています。アビームコンサルティングは、企業や組織とともに新たな未来を共創し、確かな変革に導く創造的パートナーとして、企業や社会の変革に貢献します。

ホームページ:https://www.abeam.com/jp/

引用元:PRTIMES

関連記事

  • ㍿トモヤが企業ユニフォームや学生服の申込・集計をサポートするユニフォームオーダー支援システム「TANQ」の本格的なサービス提供を開始

  • ㍿エムケイシステムがクラウドストレージサービス「ShalomPost」のサービス提供を開始

  • Aokumo㍿がAWSパートナー6社と共に「Cloud Native Builders Group」を設立

  • トクティー㍿がJTB旅連事業㍿と業務提携契約を締結

  • ㍿MatrixFlowがAI素材の流通基盤となるべく、MatrixFlowマーケットプレイスをリリース

  • ㍿いえらぶGROUPが㍿Tryellと連携し、Tryellが運営する「オンライン内見ポータル」との賃貸物件情報の連動を開始

News

  • ㍿トモヤが企業ユニフォームや学生服の申込・集計をサポートするユニフォームオーダー支援システム「TANQ」の本格的なサービス提供を開始

  • ㍿エムケイシステムがクラウドストレージサービス「ShalomPost」のサービス提供を開始

  • Aokumo㍿がAWSパートナー6社と共に「Cloud Native Builders Group」を設立

  • トクティー㍿がJTB旅連事業㍿と業務提携契約を締結

  • ㍿MatrixFlowがAI素材の流通基盤となるべく、MatrixFlowマーケットプレイスをリリース

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中