㍿tanceがサービスプラットフォーム「tance mall」の提供を開始

tance(タンス)株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:池田大輔、以下 tance)は7月27日、サービスプラットフォーム「tance mall(タンスモール)*」の提供を開始しました。tance mallでは、決済端末から汎用タブレットにいたるまで、多彩な端末にて店舗運営に役立つ各種サービスをご利用いただけます。これにより店舗事業者は、集客強化、業務効率化、販路拡大など、様々な課題に対する DX の恩恵を簡単に受けることができるようになります。

7月27日の公開では、サービスの選択・利用申し込みの受付を開始し、10月にはさらなる機能拡張により、日本カードネットワークのCARDNET端末**のほか、多くの端末へ対応予定です。

※詳細は下記「ご利用可能な提供サービス」をご参照ください。

* tance mall について:https://mall.tance.co.jp/
** 「クレジット・電子マネー・コード支払い等さまざまな決済手段に対応したオールインワン型の CARDNET 端末をリリースいたします」(2022 年 1 月 11 日):https://www.cardnet.co.jp/global-data/20220107111125610.pdf

tance mallの提供スキームについて(2022年10月時点)

tance mall提供スキーム

ご利用可能な提供サービス

ご利用可能な提供サービス1
ご利用可能な提供サービス2
ご利用可能な提供サービス3
ご利用可能な提供サービス4
ご利用可能な提供サービス5
ご利用可能な提供サービス6

池田社長のコメント

tance mallは、「すべての人に、理想の店舗運営を。」実現に向けた大きな一歩です。昨年9月29日に開始したサービスプラ ットフォーム事業*をこのたびリリースできたことを、心より喜ばしく思います。今年4月13日のSBペイメントサービス提供のオールインワン決済端末への搭載**、5月25日のトランザクション・メディア・ネットワークスとの業務提携***などを経て、tance mallはすでに様々な店舗事業者にご活用いただいています。今後もtanceプラットフォームサービスは、端末搭載サービスや連携サービスを拡充するとともに、さまざまなパートナーと共に新しい価値を生み出し、店舗事業者の抱える課題を一つでも多く解消できるよう努めてまいります。

*「tanceが、店舗向けサービスプラットフォームの提供を開始」(2021年9月29日):
   https://www.tance.co.jp/news/news-pdf/20210929.pdf
**「tanceプラットフォームがSBペイメントサービス提供のオールインワン決済端末に搭載されました」(2022年4月13日):
   https://www.tance.co.jp/news/news-pdf/20220413.pdf
***「店舗向けサービスプラットフォームのtanceと情報プロセシングのTMNが業務提携」(2022年5月25日):
   https://www.tance.co.jp/news/news-pdf/20220525.pdf

tanceサービス概要ついて

店舗さまの業態業種を問わず、店舗運営に関する様々なサービス利用や、決済端末・その他デバイス導入の支援を通じて、店舗運営で生まれる課題を解決できます。

tanceのプラットフォームサービスは、以下の3つの業務内容から構成されています。

  1. 店舗運営の課題解消につながるサービスの紹介~導入支援
  2. 上記サービスを利用するための最適なデバイスの提案~導入支援
  3. 店舗の利便性向上に向けた決済およびその他サービス間の連動性向上 

これまで決済サービスを中心としてソリューション提供してまいりましたが、店舗さまの非決済部分での付加価値を提供するべく、店舗向けに非決済サービスを提供するプラットフォームとしてサービス提供を開始いたします。決済端末のみならず、タブレットやPC等も含むマルチデバイス対応を目指しています。

※サービス概要の詳細はこちら:https://www.tance.co.jp/shop/service/

tanceサービスの特長について

tanceは、決済端末のみならず、店頭にあるタブレットやPC等の各種デバイスも含むマルチデバイス対応を目指しています。店舗さまの「レジ横にある決済端末ではなくバックヤードやキッチンで使用したい」「決済端末よりも大きな画面で操作したい」といったお声にお応えして、店舗さまの利便性や操作性、サービスに応じた提供形態を予定しています。

tanceサービスイメージ図

tanceサービスイメージ図

企業情報について

tance(タンス)株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:池田大輔)は、2020年11月に株式会社日本カードネットワーク(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:熊田肇)と、TIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:岡本安史)の合弁会社として設立され、サービスプラットフォーム事業の実現に向けた企画・開発を進めてまいりました。

コーポレートロゴ

会社名  :tance株式会社
本社所在地:〒169-0072 東京都新宿区大久保3-8-2 住友不動産新宿ガーデンタワー
代表者名 :代表取締役社長 池田 大輔
設立   :2020年11月16日
資本金  :3億円
出資比率 :株式会社日本カードネットワーク 66.6% TIS株式会社 33.4%
事業内容 :​
・店舗向けサービスを決済端末やタブレットへ配信するサービスプラットフォーム構築・運営
・店舗向け業務効率化支援、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進支援
・プラットフォームに参加するサービス事業者への開発支援、営業支援
URL   :https://www.tance.co.jp/

※tanceという社名は、距離を意味する「Distance」から、否定を意味する「dis」を取り除いた造語です。ネガティブな距離を取り除き、店舗さまやサービス事業者さまと理想の関係を築くという想いを込めています。また、たくさんの価値を引き出す、箱「タンス(箪笥)」として事業者の身近なパートナーになることを志しています。

お問い合わせ先

tance株式会社
セールス&コミュニケーション部 梅園(うめぞの)・岩田(いわた)
電話番号   :03-6555-4990
メールアドレス:contact@tance.co.jp

引用元:PRTIMES

関連記事

  • TAMAGO Groupがクリエイター及びそのファンによる共同研究開発を支援する「TAMAGO」を発足し、NFTインキュベーションプラットフォーム「DIGIEGGS」のホームページを公開

  • ㍿文化資本創研のデジタル・オープンイノベーション・キャンパス準備委員会が、デジタル・オープンイノベーション・キャンパスを設け、産学連携での「DAO」の実証実験の実現に向けて着手

  • ㍿J-CAMが提供する「BitLending」が、正規版サービスをリリース

  • ㍿Space Viewが、新たな事業の柱としてメタバース事業に参入する事を発表

  • ㍿プレイネクストラボがが、「LINE SMART CITY GovTechプログラム」に「Lアラート」を連携できるオプションサービスをリリース

  • ㍿GValue東北が、弘前市内で取り組まれる地域DXの具現化を図る事業へのシステム提供及び、委員会へ参画を発表

News

  • TAMAGO Groupがクリエイター及びそのファンによる共同研究開発を支援する「TAMAGO」を発足し、NFTインキュベーションプラットフォーム「DIGIEGGS」のホームページを公開

  • ㍿文化資本創研のデジタル・オープンイノベーション・キャンパス準備委員会が、デジタル・オープンイノベーション・キャンパスを設け、産学連携での「DAO」の実証実験の実現に向けて着手

  • ㍿J-CAMが提供する「BitLending」が、正規版サービスをリリース

  • ㍿Space Viewが、新たな事業の柱としてメタバース事業に参入する事を発表

  • ㍿プレイネクストラボがが、「LINE SMART CITY GovTechプログラム」に「Lアラート」を連携できるオプションサービスをリリース

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中