㍿SORAMICHIがサイト表示速度を改善することでSEO順位の向上を実現し、ユーザビリティ・コンバージョン率の改善にも貢献する「Webサイト速度改善支援サービス」の提供を開始

株式会社SORAMICHI(本社:東京都中央区、代表取締役社長:川本 広二)は、このたび、サイト表示速度を改善することでSEO順位の向上を実現し、ユーザビリティ・コンバージョン率の改善にも貢献する「Webサイト速度改善支援サービス」を、8月15日より提供開始いたします。

ユーザーがWebサイトへアクセスした際、Webページが読み込まれ、表示されるまでの速度(LCP; Largest Contentful Paint)は、SEO順位に大きな影響を与えます。2021年6月、Google社は、ユーザーエクスペリエンス(UX)の改善を目的に、Webサイトの検索順位を決定する新たな評価指標として「コアウェブバイタル(Core Web Vitals)」を発表しました。コアウェブバイタルでは、ユーザーが最初に行ったアクションへの応答性(FID; First Input Delay)、ページコンテンツの視覚的な安全性(CLS; Cumulative Layout Shift)と並ぶ指標として、Webページの読み込み速度(LCP; Largest Contentful Paint)が位置付けられています。

こうした背景から、サイト表示速度は、ユーザーがストレスなく必要な情報にたどり着けるかを図る指標であるだけでなく、SEO順位にも大きな影響を及ぼすエクスペリエンス指標であると言えます。

今回、SORAMICHIが提供開始する「Webサイト速度改善支援サービス」は、お客様が運営するWebサイトの表示速度に関する現状把握・課題特定から改善策の提案までをトータルにサポートし、個々の要望に応じた最適な速度改善ソリューションを提供するものです。具体的には、PSIやlighthouse、デベロッパーツールを用いて、お客様のWebサイトの現状把握を行います。フロントエンドでは、リソースの読み込みのチューニングをはじめ、約50種類のチューニング方法の中から、お客様の課題やニーズに応じた最適な解決方法を検討し、提案します。バックエンドでは、通信の圧縮やプログラムの改修などをサポートします。その他、画像の圧縮やフロントコードのリファクタリングも行います。

SORAMICHIは、表示速度の改善を通じて、ユーザーがストレスなく必要な情報に辿り着けるWebサイトの構築・改善を支援することで、SEO順位の向上を実現し、ユーザビリティ・コンバージョン率の改善にも貢献していきます。

マーケティングの「未来」を創造し続ける、株式会社SORAMICHI

SORAMICHIは、デジタルトランスフォーメーション(DX)に関する高度な専門性と豊富なコンサルティング経験をもとに、お客様のマーケティング課題解決に向けた様々なソリューションを提供するテクノロジーカンパニーです。

100名以上の専門性豊かな仲間とともに、DX事業(システムコンサルティング・自社サービス開発・システム開発)、デジタルマーケティング事業(インターネット広告・クリエイティブ制作)に加えて、ホテル・飲食事業なども幅広く手がけています。

引用元:PRTIMES

関連記事

  • ㍿Borderlessが、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO」において、募集による投資申込みの受付を開始することを発表

  • ㍿情報基盤開発が、従業員の心身の健康管理に関するサービスを提供する㍿メンタルヘルステクノロジーズと業務提携契約を締結

  • NTT印刷㍿が、新たに「まるごと電子化日報業務効率化パッケージ」をサービスラインアップに追加し、提供を開始

  • ㍿カヤックが、㍿リビングハウスの一部株式を取得し、資本業務提携を締結

  • サグリ㍿が、これまで目視で行われていた農地パトロール調査を、衛星データとドローンを活用することで、農業委員会が効率的な調査を行うことを実現

  • ㍿キャリアボットが、就活生を支援してきたことで培ったノウハウを活かし、より多くの就活生を支援すべく会員制オンライン就活支援サービス「CAREERBOT PRIME」を無料で開始

News

  • ㍿Borderlessが、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO」において、募集による投資申込みの受付を開始することを発表

  • ㍿情報基盤開発が、従業員の心身の健康管理に関するサービスを提供する㍿メンタルヘルステクノロジーズと業務提携契約を締結

  • NTT印刷㍿が、新たに「まるごと電子化日報業務効率化パッケージ」をサービスラインアップに追加し、提供を開始

  • ㍿カヤックが、㍿リビングハウスの一部株式を取得し、資本業務提携を締結

  • サグリ㍿が、これまで目視で行われていた農地パトロール調査を、衛星データとドローンを活用することで、農業委員会が効率的な調査を行うことを実現

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中