東大・松尾研発スタートアップ StatHack Deep30 から資金調達を実施

■株式会社 StatHack について
株式会社StatHack(https://www.stathack.jp/)は、AIスタートアップ育成プログラム「起業クエスト」の卒業一期生が創業したAIスタートアップです。「データを原動力に社会を次の時代へ」という理念の下、AIやDeep Learningを主軸とした最先端技術を活用して企業のDXを推進いたします。

■起業クエストについて
東京大学松尾研究室(以下「松尾研」)が、学生起業の成功率を高めるべく松尾研発スタートアップ※の成功モデルを分析し開発した、AIスタートアップ起業家育成プログラム。大学の垣根を超え広く学生に門戸を開き、参加者は、AI技術の基礎から応用、先端技術を社会実装するプロセス、ファイナンスなどの起業に必要な知識等を、体系的に、実践的に学習・習得することが可能。
※松尾研発スタートアップ(http://weblab.t.u-tokyo.ac.jp/startups/)


■引受先 Deep30 川上氏からのコメント
StatHackは、代表の松葉さんを中心に、「起業クエスト」の難易度の高い課題をクリアしてきた優秀なメンバーが揃っており、技術力・事業力共に高い成長可能性を感じる企業です。今後も、松葉さんのリーダーシップのもと、企業のDXを進め、様々な課題を解決し、本郷から世界へと羽ばたく、飛躍的な成長を期待しており、Deep30はその挑戦を共に戦い、共に世界の変革を目指してきたいと考えています。


■代表取締役 松葉のコメント
人々の価値観が急速に変化する現代社会において、将来を見据えた意思決定はますます難しくなっています。しかし、日々の業務の中でルーチンワークに多くの時間を割かざるを得ず、意思決定に集中できないことも少なくありません。StatHackの使命は、既存の業務のワークフローをデータ駆動の最先端技術によって改善し、人々を労働集約型の業務から解放することです。我々は、全ての人が新たな価値の創出に集中できる未来に向けて、社会課題の解決を行なってまいります。


■各社概要

株式会社StatHack
会社名:株式会社StatHack
代表者:代表取締役 松葉亮人
所在地:東京都文京区本郷6丁目25番14号 (HONGO EGG 内)
設立:2021年8月25日
事業内容:AIソリューション事業
URL:https://www.stathack.jp/

Deep30投資事業有限責任組合
組合名 : Deep30投資事業有限責任組合
代表者 : 川上登福
設立 : 2018年
事業内容 : 深層学習の技術を強みとした企業に特化したベンチャーキャピタル
URL : http://deep30.vc

引用元:PRTIMES

関連記事

  • データを活用した医療のデジタル化と臨床試験のDXを目指すテックドクターが、シリーズAラウンドで5億円を調達し、累計調達額6億円に。

  • スポーツクラブ・スクールや習い事の連絡網・決済システム「Sgrum」がIT導入補助金対象のITツールに認定

  • 【先着10社様 初期費用無料!】株式会社ScrumyがWeb3時代のまったく新しい「法人データストレージ」お試し体験サービスの先行申込受付を開始

  • ティップネス、「電子帳簿保存法」対応のため経費精算システム「eKeihi」を採用

  • DXで食品産業の課題解決を目指すGoals、シリーズAで総額15.5億円の資金調達を実施

  • 世界9カ国のビジネスリーダーを対象とした「グローバル・サステナビリティ・トランスフォーメーション調査レポート2022」を公開

News

  • ティップネス、「電子帳簿保存法」対応のため経費精算システム「eKeihi」を採用

  • 【先着10社様 初期費用無料!】株式会社ScrumyがWeb3時代のまったく新しい「法人データストレージ」お試し体験サービスの先行申込受付を開始

  • スポーツクラブ・スクールや習い事の連絡網・決済システム「Sgrum」がIT導入補助金対象のITツールに認定

  • データを活用した医療のデジタル化と臨床試験のDXを目指すテックドクターが、シリーズAラウンドで5億円を調達し、累計調達額6億円に。

  • DXで食品産業の課題解決を目指すGoals、シリーズAで総額15.5億円の資金調達を実施

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中