富士通と富士通オーストラリア、アジア太平洋地域最大であるServiceNowのコンサルティング会社Enable Professional Servicesの買収計画を発表

富士通と富士通オーストラリアは2022年7月7日に、ServiceNowに関するアジア太平洋地域最大の独立系コンサルティング会社Enable Professional Servicesの買収計画を発表しました。

この買収は、富士通グループのDXビジネスの拡大に向けた戦略的M&Aの一環として行うもので、富士通オーストラリアは、これまでもデータアナリティクス・コンサルティングファームVersor Proprietary LimitedやオーストラリアのMicrosoft Gold Partnerのoobe Proprietary Limitedを買収しています。Enable Professional Servicesは、CEOであるBruce Hara氏の継続的なリーダーシップの下、当面は独立した富士通グループの企業として運営され、社名は 「Enable, a Fujitsu company」 に変更されます。

富士通オーストラリアは、市場をリードし、数々の受賞歴があり、豊富な専門知識と経験を有するEnable Professional Servicesを買収することで、現地のお客様にServiceNowのサービスマネジメントアドバイザリー、コンサルティング、デリバリーサービスをより迅速に提供できるようになります。また、製造、金融、通信を含む複数の業界における富士通グループの知見が増すとともに、顧客基盤も拡大します。さらに、アジア太平洋地域のお客様に向けてServiceNowサービスの業界をリードしていくための、差別化が図れます。Enable Professional Servicesとしては、現在の機能をアジア太平洋地域だけではなく、グローバル市場の両方に展開するための成長機会を得ることができます。

今回の買収は、サステナブルな世界の実現を目指す「Fujitsu Uvance」(https://www2.fujitsu.com/jp/uvance/)の7つの重点注力分野(KFAs)のひとつである 「Business Applicatons」(https://www2.fujitsu.com/jp/uvance/business-applications/)を強化するものです。

【 Enable Professional Servicesについて 】
2014年に設立されたEnable Professional Servicesは、受賞歴のあるServiceNow Eliteパートナーであり、顧客と従業員のエクスペリエンスを向上させ、企業が迅速に価値を創出できるよう、業界をリードするソリューションを構築および実装しています。Enable Professional Servicesは、専門的な思考をリードする訓練、革新的な独自のソリューション、人を第一とする文化を通じて提供する様々なServiceNowサービスを通じて、このデジタル変革の加速をリードしています。同社は今年、 「Asia Pacific Japan Elite Partner of the Year 2022」 を含む4つのServiceNow賞を受賞しました。Enable Professional Servicesは現在、オーストラリア、シンガポール、香港、フィリピン、インドでサービスを提供しています。

【 富士通 理事(Strategic Growth&Investments担当) Nicholas Fraserのコメント 】
今回のM&Aは、「世界をリードするDXサービス企業になる」という富士通の目指す姿の実現に寄与します。富士通は、AI、サイバーセキュリティ、アナリティクスなどのデジタル技術で他社との差別化を図り、世界最高クラスの能力を構築してクライアントとビジネス変革のための議論に参加できるよう支援します。また、この投資は、当社のUvanceビジョンの実現を加速します。Enable Professional Servicesの買収計画は、「Fujitsu Uvance」のビジョン実現に向けた取り組みにおける重要なマイルストーンです。

【 富士通 執行役員 EVP グローバルソリューションビジネスグループ 高橋 美波のコメント 】
Enable Professional Servicesが、富士通グループの仲間に加わることを大変嬉しく思います。Enable Professional Servicesの価値共創を支えるCapabilityと、富士通のサービスインテグレーション能力や先進的技術を組み合わせ、「Fujitsu Uvance」のビジョンでもある、多様な価値を信頼でつなぎ、変化に適応するしなやかさをもたらすことで、誰もが夢に向かって前進できるサステナブルな世界を共につくっていきます。

【 富士通 Asia Pacific CEO Graeme Beardsellのコメント 】
Enable Professional Servicesが富士通グループに加わることを楽しみにしています。Enable Professional Servicesは、ServiceNowの豊富な実績と経験を有し、市場においても有数の企業の一つです。富士通の豊富な業界での実績とEnable Professional Servicesの専門家チームの連携により、さらなるお客様のデジタル変革を推進します。

【 Enable Professional Services CEO Bruce Haraのコメント 】
富士通グループに加わり、Enable Professional Servicesの提供できるサービスを強化できることを嬉しく思います。また、大規模な市場への影響力を強化し、富士通グループが持つ強力な顧客基盤と専門知識を活用する能力も獲得していきます。

【 商標について 】
記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

≪本件に関するお問い合わせ≫
富士通株式会社
富士通コンタクトライン(総合窓口)
電話 0120-933-200
受付時間: 9:00~12:00および13:00~17:30(土・日・祝日・当社指定の休業日を除く)

プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

引用元:PRTIMES

関連記事

  • イチニ㍿が㍿Geolocation Technologyと資本業務提携を締結

  • 合同会社イーストタイムズと㍿シオンが業務提携契約を締結し、ベンチャー企業向け支援サービス「FRコーポレートブランディング」を共同でリリース

  • ㍿Branding Engineerが㍿アースインフィニティと、メタバース推進活動における事業開発パートナーシップに合意

  • ㍿Speeeが㍿MFSと業務提携を開始

  • プレイネクストラボ㍿の提供する「スマート公共ラボ with LINE SMART CITY GovTechプログラム」が、香川県観音寺市のLINE公式アカウントに採用

  • ㍿エルテスが㍿フーモアと業務提携を行い、従業員のSNSリスクのマンガ教育教材「コミプラ」を共同リリース

News

  • イチニ㍿が㍿Geolocation Technologyと資本業務提携を締結

  • 合同会社イーストタイムズと㍿シオンが業務提携契約を締結し、ベンチャー企業向け支援サービス「FRコーポレートブランディング」を共同でリリース

  • ㍿Branding Engineerが㍿アースインフィニティと、メタバース推進活動における事業開発パートナーシップに合意

  • ㍿Speeeが㍿MFSと業務提携を開始

  • プレイネクストラボ㍿の提供する「スマート公共ラボ with LINE SMART CITY GovTechプログラム」が、香川県観音寺市のLINE公式アカウントに採用

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中