富士通Japan㍿が手術室の稼働率を向上し、病院経営を支援するソリューション「Fujitsuリソース最適化エンジンAssignment Master」を開発し、300床以上の大中規模病院向けに提供開始

富士通Japan株式会社(注1)(以下、富士通Japan)は、手術室の稼働率を向上し病院経営を支援する新ソリューション「Fujitsu リソース最適化エンジン Assignment Master」(以下、「Assignment Master」)を開発し、300床以上の大中規模病院向けに2022年12月7日より提供開始します。

本ソリューションは、手術室や手術機器、医師や看護師の予定など、手術に必要な様々なリソースを富士通株式会社(注2)(以下、富士通)が保有する最適化エンジンにより調整し、自動的にスケジュールを作成できます。これを手術スケジュールの割り当て業務に適用することで、複雑で時間を要する調整作業を効率化し作業時間を95%削減するとともに、スタッフの経験値に依存しない割り当て業務の標準化を可能にします。

今後、当社は、本ソリューションを通じて、病院経営の改善を支援し、病院業務のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進することで、より良質な医療サービスの提供に貢献していきます。

背景

近年、病院経営は新型コロナウィルスの感染拡大により一層厳しさを増しており、経営改善が喫緊の課題となっています。特に手術で得られる収入は、病院の収入源の多くを占めるため、手術室の効率的な運用により収益改善が見込める有効な対策の一つとされていますが、手術室のスケジュールは、予定される手術日程と手術室や手術機器、医師や看護師の勤務予定などをもとに、最も効率の良い運用となるよう、手術部のスタッフが時間と労力をかけて作成しており、その業務負荷が課題となっています。これらの課題を解決するため、当社は、「Assignment Master」を開発し、提供を開始します。

「Assignment Master」の特長

手術スケジュールの割り当て業務を自動化し、作業時間を大幅に削減

新たに手術の予定を登録する際、手術部では各曜日ごとに手術室の使用が優先される診療科、使用する手術機器の個数や手術室に固定されている特定の機器の設置有無など、制約条件を考慮する必要があります。「Assignment Master」は、これらの制約条件を予め設定しておくことで、富士通独自開発の最適化エンジンが優先度の高い制約条件を満たすよう調整を行い、手術に必要なリソースを最大限に活用できる手術スケジュールを数十秒で自動作成します。調整作業を行うスタッフは、医師が電子カルテシステムに入力した手術日や手術室への入室時間、所要時間の情報と、使用する機器の空き状況や看護師の勤務状況などの条件を照らし合わせることなく自動割振ボタンをワンクリックするだけで、複雑な条件を考慮した手術スケジュールを容易に作成することができます。これにより、手動で行っていた調整作業の時間を約95%削減できるため、スタッフの作業負担を軽減するとともに、医師や看護師の割り当て重複を未然に防ぎます。

また、調整作業に不慣れな経験の浅いスタッフでも容易にスケジュールを作成できるため、経験値に依存しない割り当て業務の平準化を支援します。

図1「Assignment Master」を活用した手術スケジュール自動作成のイメージ図

手術室の稼働率向上を実現し、病院の経営改善を支援

手動による調整作業では、複雑な制約条件を満たすスケジュールの作成が困難であったことから、調整次第では並行して実施できるはずの手術が別の時間帯に割り当てられ、手術室の空きが発生してしまうといった問題が起こっています。本ソリューションの活用により、手術室の無駄な空きを防ぎ効率的に稼働させることが可能となるため、手術実施件数の増加が見込め、経営改善を支援するとともに、良質な医療サービスの提供に貢献します。

販売目標

2025年度末までに70医療機関への導入を目指す(当社の決算期は3月末日です)。

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

注釈

(注1)  富士通Japan株式会社:本社 東京都港区、代表取締役社長 砂田 敬之
(注2)  富士通株式会社:本社 東京都港区、代表取締役社長 時田 隆仁
(補足:掲載先メディアや閲覧環境の仕様によっては、「隆」の文字が正しく表示されない場合があります。正しくは、「隆」の「生」の上に「一」が入ります。)

当社のSDGsへの貢献について

2015年に国連で採択された持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)は、世界全体が2030年までに達成すべき共通の目標です。当社のパーパス(存在意義)である「イノベーションによって社会に信頼をもたらし、世界をより持続可能にしていくこと」は、SDGsへの貢献を約束するものです。

本件が貢献を目指す主なSDGs

本件に関するお問い合わせ

富士通Japanお客様総合センター
電話:0120-835-554
受付時間:9時~12時、13時~17時30分(土曜日・日曜日・祝日ほか当社指定の休業日を除く)
お問い合わせフォーム:https://form.global.fujitsu.com/l/64122/2022-06-13/h9w54s

プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

引用元:PRTIMES

関連記事

  • パーソルホールディングス㍿が人的資本経営における、育成・リスキリングに関する企業の取り組み実態調査を実施

  • SUSMED㍿・ClinChoice㍿・㍿リニカルが業務提携し、効率的かつ効果的な臨床試験フルサポートサービスの提供を開始

  • キャディ㍿が米国に現地法人「CADDi Co., Ltd.」を設立

  • ㍿FCCテクノがサイボウズ㍿が提供する「kintone」と、freee㍿が提供する「freee会計」を連携する「キンフリ」をリリース

  • みずほリース㍿が野村不動産㍿が運営する、物流DX推進プラットフォーム「Techrum」に参画

  • ㍿ニーズウェルが企業の業務のDX化をサポートするソリューションとして、アセンテック㍿とともに「SharePoint活用サービス」を開始

News

  • パーソルホールディングス㍿が人的資本経営における、育成・リスキリングに関する企業の取り組み実態調査を実施

  • キャディ㍿が米国に現地法人「CADDi Co., Ltd.」を設立

  • SUSMED㍿・ClinChoice㍿・㍿リニカルが業務提携し、効率的かつ効果的な臨床試験フルサポートサービスの提供を開始

  • ㍿FCCテクノがサイボウズ㍿が提供する「kintone」と、freee㍿が提供する「freee会計」を連携する「キンフリ」をリリース

  • みずほリース㍿が野村不動産㍿が運営する、物流DX推進プラットフォーム「Techrum」に参画

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中