㍿Blueが不動産評価について、AI機能を用いて当社WEBサイト上で瞬時に価格査定ができる「AI不動産査定」の無料サービスを新たにローンチ

不動産の売買仲介及び買取を行う株式会社Blue(本社:東京都渋谷区、代表取締役:木内正樹)は、お客様が居住用マンション、戸建住宅を相続、売買される際に参考とする不動産評価について、AI機能を用いて、当社WEBサイト上で瞬時に価格査定ができる「AI不動産査定」の無料サービスを新たにローンチします。

URL https://blue-re.jp/service/ai

「AI不動産査定」サービスの3つの特徴

マンション・戸建住宅を無料で瞬時に査定

取引事例等に基づきAIが瞬時に査定するため、不動産会社に出向く必要がありません。また、人物による主観や作為的な評価の差異、不動産一括査定を利用した際の電話セールスはありません。

日本全国対応

AI不動産査定では、常にAIが全国で取引された最新情報をアップデートし、住所、建築年、面積を入力するだけで、膨大なデータから瞬時に客観的な査定価格を導き出します。

大手不動産仲介会社出身の経験豊富なスタッフが完全サポート

AIによる査定だけではなく、お申込みいただいたお客様には、詳細な価格査定書の作成も可能です。スタッフは、全員大手不動産仲介会社の出身者であり、実際に不動産の売却をされる際には、売却時期、売却方法など、お手伝いをさせていただきます。

「AI不動産査定」サービス誕生の背景

自分が所有する不動産はいくらぐらいするのか、不動産価格はわかりにくいという声を多くいただきます。また、遠方の実家を相続した場合、近くの不動産会社に査定の相談を行っても、管轄エリア対象外のため、どこに頼めばいいのかわからない、等のご相談をたびたびいただきます。さらに、一部の不動産会社では、仲介業務を受託したいがあまり、高すぎる査定や安すぎる査定など、相場と掛け離れた価格査定を行う不動産会社もあり、お客様の利益が損なわれるケースもあります。

このようなお客様の声応えるべく、不動産テックを活用し、わかりにくい不動産価格を見える化します。今や、全国の空き地・空き家は840万戸以上あり、社会問題になっています。株式会社Blueは、増え続ける空き地・空き家の流動化と社会問題の解決に向けた取り組みを行っています。

株式会社Blueについて

株式会社Blueは、大手不動産仲介会社で培ってきた経験を活かし、取引の安全を第一に、クオリティの高いサービスを提供させていただきます。

引用元:PRTIMES

関連記事

  • イチニ㍿が㍿Geolocation Technologyと資本業務提携を締結

  • 合同会社イーストタイムズと㍿シオンが業務提携契約を締結し、ベンチャー企業向け支援サービス「FRコーポレートブランディング」を共同でリリース

  • ㍿Branding Engineerが㍿アースインフィニティと、メタバース推進活動における事業開発パートナーシップに合意

  • ㍿Speeeが㍿MFSと業務提携を開始

  • プレイネクストラボ㍿の提供する「スマート公共ラボ with LINE SMART CITY GovTechプログラム」が、香川県観音寺市のLINE公式アカウントに採用

  • ㍿エルテスが㍿フーモアと業務提携を行い、従業員のSNSリスクのマンガ教育教材「コミプラ」を共同リリース

News

  • イチニ㍿が㍿Geolocation Technologyと資本業務提携を締結

  • 合同会社イーストタイムズと㍿シオンが業務提携契約を締結し、ベンチャー企業向け支援サービス「FRコーポレートブランディング」を共同でリリース

  • ㍿Branding Engineerが㍿アースインフィニティと、メタバース推進活動における事業開発パートナーシップに合意

  • ㍿Speeeが㍿MFSと業務提携を開始

  • プレイネクストラボ㍿の提供する「スマート公共ラボ with LINE SMART CITY GovTechプログラム」が、香川県観音寺市のLINE公式アカウントに採用

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中