㍿母子モが提供する、自治体の子育て関連事業のオンライン化支援サービス「母子モ 子育てDX」の「オンライン予約サービス」が、福岡県北九州市の産前産後子育て支援ヘルパー派遣事業にて本導入を開始

母子モ株式会社が提供する、自治体の子育て関連事業のオンライン化支援サービス『母子モ 子育てDX』の「オンライン予約サービス」が、福岡県北九州市の産前産後子育て支援ヘルパー派遣事業にて本導入され、10月3日(月)より提供を開始します。

福岡県北九州市では、2021年2月より母子手帳アプリ『母子モ』を導入し、『きたきゅう子育て応援アプリ』として提供しています。また、2022年4月には当社と北九州市にて、「『母子モ 子育てDX』による妊娠、出産、子育て分野のDX推進に関する連携協定」を締結し、第1弾としてアプリによる母子健康手帳交付の事前申請を開始しています。

このたび、同協定に基づくDX推進の第2弾として、産前産後子育て支援ヘルパー派遣事業での「オンライン予約サービス」を導入し、利用者のさらなる利便性の向上を図ります。

妊娠、出産、子育て分野のDXを推進する福岡県北九州市で、オンライン予約サービスを開始!

北九州市では、“『子どもたちの未来を育み、みんなの笑顔があふれるまち北九州』-「子育て日本一を実感できるまち」の実現を目指して-”を基本理念とし、子どもの健やかな成長を社会全体で支えるまちづくりを進めています。同市では本年9月より、日中に家族などから家事や育児の援助が受けられない家庭にヘルパーを派遣し、家事や育児を援助することで保護者の育児不安や負担を軽減し、家庭や地域での孤立感の解消を図り、安心して子育てができるための支援として「産前産後子育て支援ヘルパー派遣事業」を開始します。

今回、産前産後子育て支援ヘルパー派遣をさらに便利に利用してもらうことを目指し、『きたきゅう子育て応援アプリ』を通じて、24時間365日どこからでもオンラインで予約ができる『母子モ 子育てDX』の「オンライン予約サービス」が導入され、10月3日(月)よりオンライン予約を開始します。

産前産後子育て支援ヘルパー派遣がいつでも予約可能に!『母子モ』のオンライン予約サービス

『母子モ 子育てDX』は、ICTを活用し自治体の子育て事業のオンライン化を支援することで、環境の変化に合わせた新たな子育て支援の仕組みづくりや、より便利で安心・安全な子育て環境の実現をサポートするサービスです。

当社と北九州市は、『母子モ 子育てDX』を活用した妊娠、出産、子育て分野のDX推進に関する連携協定を本年4月に締結し、第1弾としてアプリによる母子健康手帳交付の事前申請を実施しています。既に申請者の90%以上がアプリによる申請を選択し※1、アプリを活用したオンライン手続きは多くの利用者に定着しつつあります。

北九州市では、本連携協定の第2弾として、オンライン予約サービスを「産前産後子育て支援ヘルパー派遣事業」に導入します。産前産後子育て支援ヘルパー派遣の利用者は、『きたきゅう子育て応援アプリ』の予約ページに表示された利用可能日時を選択し、氏名や連絡先などを入力することで、オンラインで予約ができます。時間や場所を問わずに予約を可能にすることで、子育て世帯のさらなる利便性の向上を図ります。

また、市とヘルパー事業者では、利用者が希望する日時や支援内容などの情報をデータで取得することができるようになり、予約受付の効率化を図ります。

産前産後子育て支援ヘルパー派遣の『きたきゅう子育て応援アプリ』からのオンライン予約方法

『きたきゅう子育て応援アプリ』各ページの下部にある「地域の子育て情報」メニューを押し、表示された画面の「産前産後子育て支援ヘルパー派遣事業」のバナーを選択します。予約ページが表示されたら、利用を希望する日時を選択し、氏名や連絡先、希望する援助内容などを入力して予約します。予約後に、ヘルパー事業所の担当者から電話が入り、電話で予約内容の確認後、予約が完了します。

当社は、2030年までに、妊娠から子育て期の手続きについて、必要な人に情報を届け、保護者、自治体、医療機関の手間を無くすことをビジョンとして掲げています。子育て関連事業のオンライン化を支援するサービス『母子モ 子育てDX』では、厚生労働省の乳幼児の定期予防接種予診票のデジタル化に向けた地域実証※2を行い社会実装するなど、さまざまな子育て関連事業のDXを推進することで、保護者の“不安や負担”を軽減し、“安心で簡便”な子育て社会を地域と共創することを目指します。

サービス名

きたきゅう子育て応援アプリ

月額料金(税込)

無料

サービス内容

母子手帳アプリ『母子モ』

妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えている育児日記「できたよ記念日」などの便利な機能から、自治体が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる機能が充実しています。

『母子モ 子育てDX』

自治体の子育て関連事業のオンライン化を支援するサービス。

既に提供している小児予防接種の手続きや各種事業の予約に加え、乳幼児健診などのデジタル化へも対応を予定し、新たな子育て環境の構築に貢献します。

アクセス方法

母子手帳アプリ『母子モ』
  • アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』を検索
    (対応OS: Android 5.0以上、iOS 9.0以上)
  • Webブラウザ:https://www.mchh.jp にアクセス
    ※オンライン予約には『母子モ』のダウンロードが必要です。
母子モ 子育てDX

※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住まいの市区町村により一部内容が異なります。

※1:北九州市調べ。2022年4月~7月末までの申請者のうちの電子申請者の割合(推計)
※2:詳細はこちらから:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000018.000099909.html
※Google Play、Androidは、Google LLC.の商標または登録商標です。
※App Storeは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。

引用元:PRTIMES

関連記事

  • ㍿Borderlessが、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO」において、募集による投資申込みの受付を開始することを発表

  • ㍿情報基盤開発が、従業員の心身の健康管理に関するサービスを提供する㍿メンタルヘルステクノロジーズと業務提携契約を締結

  • NTT印刷㍿が、新たに「まるごと電子化日報業務効率化パッケージ」をサービスラインアップに追加し、提供を開始

  • ㍿カヤックが、㍿リビングハウスの一部株式を取得し、資本業務提携を締結

  • サグリ㍿が、これまで目視で行われていた農地パトロール調査を、衛星データとドローンを活用することで、農業委員会が効率的な調査を行うことを実現

  • ㍿キャリアボットが、就活生を支援してきたことで培ったノウハウを活かし、より多くの就活生を支援すべく会員制オンライン就活支援サービス「CAREERBOT PRIME」を無料で開始

News

  • ㍿Borderlessが、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO」において、募集による投資申込みの受付を開始することを発表

  • ㍿情報基盤開発が、従業員の心身の健康管理に関するサービスを提供する㍿メンタルヘルステクノロジーズと業務提携契約を締結

  • NTT印刷㍿が、新たに「まるごと電子化日報業務効率化パッケージ」をサービスラインアップに追加し、提供を開始

  • ㍿カヤックが、㍿リビングハウスの一部株式を取得し、資本業務提携を締結

  • サグリ㍿が、これまで目視で行われていた農地パトロール調査を、衛星データとドローンを活用することで、農業委員会が効率的な調査を行うことを実現

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中