KPMG FAS、「子会社分析ツール」の新バージョン提供開始

株式会社KPMG FAS(本社:東京都千代田区、代表:岡田 光)は、子会社分析ツールの新バージョン(Advance版)をリリースし、ユーザー企業へ提供開始しました。

子会社を見える化する

当ツールは、「子会社を“見える化”する」をミッションに掲げ、企業における子会社管理のDX推進を支援します。

企業の現場では、経理・内部監査・経営企画・子会社管理等の様々な部門で、子会社決算データ(連結パッケージ、ERPデータ 等)の分析ニーズがあります。当ツールを活用することで、これらの分析を簡単・高速かつリーズナブルな料金で実施することが可能となります。

新バージョンの主な内容

新バージョンでは、各種の分析機能を大幅に強化することで、企業実務で求められるより幅広い分析ニーズに対応できるようになりました。また、ユーザーインターフェイスを刷新することで、より直感的なツール操作を実現しました。

不正リスク分析(機能刷新)

不正リスク専門家の監修の下、不正検知ロジックおよびスコアリング手法を刷新しました。また、リスクの原因分析を1クリックでドリルダウンできるようになりました。

一般的な財務分析ツールは、財務指標ベースでの異常値を検出した後に、その原因となっている勘定科目を特定する分析が別途必要であり、分析効率を阻害する要因となっています。当ツールでは、今般のアップデートに伴い、リスクの検知から原因の特定までを1クリックでシームレスに実現し、分析効率の大幅な向上を実現しました。

当ツールは、典型的な企業不正である売上の架空・先行計上、棚卸資産の架空計上、仕入債務の未計上、資産の架空計上などの会計不正を始めとする、各種不正の早期発見に対応いたします。

増減分析(新規追加)

新たに増減分析の機能を追加しました。これにより、複数子会社の比較分析から個社分析まで、多様な増減分析ニーズに対応することができます。

企業実務では、子会社の決算について、様々な方法で増減分析が行われています。今般、当ツールの開発チームは、企業において実施されている各種増減分析をパターン化し、分析機能を実装しました。これにより、分析業務の効率性ならびに品質の向上を図ることができます。

経営分析(機能拡張)

経営分析の機能を強化しました。子会社の各種財務分析に加えて、グループ全体の資産・負債のポートフォリオ分析等を実施することができます。今後、経営分析機能の更なる拡充を予定しています。

ツールの利用場面

当ツールは、主に以下の場面でご利用頂くことができます。

経理部門

  • 決算モニタリング
  • 誤謬の発見
  • 会計不正リスクの早期発見

内部監査部門子会社リスク評価/監査計画の策定

  • 往査前データ分析
  • リモート監査
  • 不正発見監査

事業管理・子会社管理・地域統括

  • 子会社の経営分析
  • 子会社モニタリング/買収先モニタリング

継続開発の強化

当ツールは、継続的なバージョンアップ開発を強化しており、株式会社KPMG FASに専門の開発チームを設置し、ユーザー企業から分析ニーズを収集しながら開発を加速しています。今後も、「子会社を“見える化”する」のミッションの下で、ユーザー企業の業務の効率性ならびに利便性の向上を支援するために、ツールのバージョンアップを実施して参ります。

サービス体制

当ツールは、企画・開発・販売からアフターフォローに至るまで、同一チームが一気通貫で対応しています。FDA(Financial Data Analytics)のユーザー企業からの疑問点や相談事項にオンコールで対応するとともに、ユーザー企業の分析ニーズを収集し、企画・開発に活用することを通じて、日本企業のデータ分析ならびに子会社管理業務の高度化をご支援いたします。

本サービスは、公認会計士法、独立性規則及び利益相反等の観点から、提供できる企業や提供できる業務の範囲等に一定の制限がかかる場合があります。詳しくは株式会社KPMG FASまでお問い合わせください。また、弊法人の都合により、業務を提供できるお客様の範囲(個人のお客様を含む)や提供できる業務の範囲等に一定の制限がかかる場合があります。

お問い合わせ

KPMG FAS フォレンジック部門
Mail: FAS-Forensic@jp.kpmg.com
URL:https://home.kpmg/jp/ja/home/services/advisory/risk-consulting/investigation-prevention-fraud.html

KPMG FASについて

KPMG FASは、KPMGインターナショナルのメンバーファームであり、KPMGジャパンを形成する中核会社の一社です。企業戦略の策定、事業ポートフォリオ最適化のための事業再編やM&A、経営不振事業の再生、企業不正・不祥事対応に係るアドバイスを通じて、企業の持続的成長のための経営管理高度化や業務改善、事業のバリューアップを支援しています。また、10の主要業種のインダストリー・グループ体制により、海外を含め、業種ごとに最新動向に関する情報や知見を集約し、各専門分野のプロフェッショナルとの連携により、ワンストップで最適なソリューションを提供しています。

引用元:PRTIMES

関連記事

  • 【知の探索と深化】光学機器関連企業が多く保有する画像処理技術の意外な用途展開として10分野での可能性を発見!技術がつなぐ養蜂DXとサステナブル繊維

  • Adecco、三重県桑名市職員を対象に3Skillsプログラム研修の提供を開始

  • ぐるなびは仕入モールのトップ画面をリニューアルしました

  • データ分析をもっと簡単に思い通りにする。Srushが累計2.6億円の資金調達を完了。

  • ナルミヤ・インターナショナルがvisumo videoで新しい動画活用を開始。

  • 【歴代最高】1156億円の総資産額、2万人超による参加によりXANAメタバースのIDOが完了

News

  • 【知の探索と深化】光学機器関連企業が多く保有する画像処理技術の意外な用途展開として10分野での可能性を発見!技術がつなぐ養蜂DXとサステナブル繊維

  • Adecco、三重県桑名市職員を対象に3Skillsプログラム研修の提供を開始

  • ぐるなびは仕入モールのトップ画面をリニューアルしました

  • データ分析をもっと簡単に思い通りにする。Srushが累計2.6億円の資金調達を完了。

  • ナルミヤ・インターナショナルがvisumo videoで新しい動画活用を開始。

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中