E4G㍿が、脱炭素人材育成のためのe-Learningサービス「エネスク」のβ版を学生向けに公開

脱炭素化を支援する東大発ベンチャーE4G株式会社(代表:小原大智、本社:東京都)は、脱炭素人材育成のためのe-Learningサービス「エネスク」のβ版を学生向けに公開いたします。

▼サービスページ(一部ページは一般にも無料公開中)
https://ene-school.app/

背景

各国、各企業は脱炭素化に取り組むことが求められていますが、ウクライナ侵攻の影響など、脱炭素を取り巻く環境は急激に揺れ動いています。

環境変化に柔軟に対応して脱炭素化を推し進める脱炭素人材の確保が大事になる中、日本の脱炭素人材はまだまだ不足しています。

そこで我々は、脱炭素に向けた最初のハードルを下げるべく、脱炭素人材育成e-Learningサービス「エネスク」のβ版を学生向けに提供いたします。(教材レベルは初学者向け)

▼お申し込みフォーム
https://forms.gle/oMkCUdv8CEjjGGfc8

サービス概要

エネスクは 1)知識獲得編と2)実践編2部構成です。

脱炭素に関する議論は定性的な議論になりがちですが、本来は前提となる情報をそろえた上でデータを元に意思決定すべきです。

1)知識獲得編で意思決定の土台となる知識を習得していただき、2)実践編でデータ分析などデータを元にした意思決定の流れを実際に手を動かしながら学んでいただきます。

また、受講者には弊社運営の脱炭素コミュニティへの参加特典が与えられます。

注)教材はわかりやすさ重視で設計されており、研究等で既に脱炭素に取り組んでらっしゃる方には少し物足りない内容になることが想定されます。また将来的に内容・構成が一部変更になる可能性がございます。ご了承下さい。

価格

Educationプラン(学生限定):無料

若いほど地球温暖化によって受ける影響が大きいです。

このプレスリリースを読んで下さるような熱意ある若者にはぜひエネスクで学んで将来的に日本の脱炭素化に貢献して頂きたいので、学生の方々に無料で教材を提供いたします。

※基本的には学生を対象としていますが、学生以外の方でご利用になりたい方がもしいらっしゃればお申し込みフォームの補足コメントにてその旨をお伝えいただければ対応いたします。

エネスク利用方法

以下のフォームよりお申し込み下さい。

簡単な審査の後、順次ご案内いたします。

▼お申し込みフォーム
https://forms.gle/oMkCUdv8CEjjGGfc8

代表コメント

過去20年を振り返ると、デジタル社会が当たり前となり、DX(Didital Transiformation)に成功した組織が大きく成長しました。これからは脱炭素社会が訪れます。単に脱炭素化や非財務情報の開示を進めるだけでは不十分です。これからの脱炭素社会を前提において変化をチャンスと捉え、GX(Green Transformation)を達成出来た組織が成長するのではないでしょうか。

そんな改革を起こせる人材をエネスクを通じて育成できたらと考えております。

会社情報

会社名: E4G株式会社
代表者: 小原 大智
設立 : 2022年8月
URL : https://e4g.earth/
お問い合わせ:
https://e4g.earth/contact

引用元:PRTIMES

関連記事

  • ㍿Borderlessが、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO」において、募集による投資申込みの受付を開始することを発表

  • ㍿情報基盤開発が、従業員の心身の健康管理に関するサービスを提供する㍿メンタルヘルステクノロジーズと業務提携契約を締結

  • NTT印刷㍿が、新たに「まるごと電子化日報業務効率化パッケージ」をサービスラインアップに追加し、提供を開始

  • ㍿カヤックが、㍿リビングハウスの一部株式を取得し、資本業務提携を締結

  • サグリ㍿が、これまで目視で行われていた農地パトロール調査を、衛星データとドローンを活用することで、農業委員会が効率的な調査を行うことを実現

  • ㍿キャリアボットが、就活生を支援してきたことで培ったノウハウを活かし、より多くの就活生を支援すべく会員制オンライン就活支援サービス「CAREERBOT PRIME」を無料で開始

News

  • ㍿Borderlessが、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO」において、募集による投資申込みの受付を開始することを発表

  • ㍿情報基盤開発が、従業員の心身の健康管理に関するサービスを提供する㍿メンタルヘルステクノロジーズと業務提携契約を締結

  • NTT印刷㍿が、新たに「まるごと電子化日報業務効率化パッケージ」をサービスラインアップに追加し、提供を開始

  • ㍿カヤックが、㍿リビングハウスの一部株式を取得し、資本業務提携を締結

  • サグリ㍿が、これまで目視で行われていた農地パトロール調査を、衛星データとドローンを活用することで、農業委員会が効率的な調査を行うことを実現

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中