㍿TAPインタートレードが、日本の食品製造メーカーと海外市場とをマッチングするプラットフォームサイト「FOOBAL」を運用開始

株式会社TAPインタートレード(ティエイピイ インタートレード 本社:東京都江戸川区 代表取締役:田島俊明)は、日本の食品製造メーカーと海外市場とをマッチングするプラットフォームサイト『FOOBAL(フーバル)』を2022年11月1日より運用開始いたします。

FOOBALとは、FOOD×GLOBALの造語で、日本産食品を海外市場に輸出したい製造業者等と、日本産の輸入食品を取り扱いたい海外の流通事業者、バイヤー、飲食店等が無料で登録・利用できる事業者向け会員制サイトです。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼2022年11月1日より運営開始▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

食品メーカーと海外バイヤーをマッチングする日本産食品の輸出プラットフォームサイト

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲https://foobal.jp▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

登録会員は相互に登録データの閲覧が可能となり、会員が自社の詳細データ・商品データを登録する事で、サイト上で自由に商品検索・ビジネスマッチング(商談申込機能)ができるようになります。FOOBALの商談申込機能を利用して、マッチングした会員同士には商談用のチャットルームが用意されており、問い合わせから取引に関わる商談までFOOBALのサイト内で完結する事が可能です。

なお、本事業『FOOBAL』は、「接触機会を減する日本製品と海外企業の貿易マッチングシステム構築事業」として、経済産業省の「第8次ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」の採択事業となっております。(受付番号:R113080563)

FOOBALサービス開始の背景

日本料理や日本産食品の海外での評価は高く、「日本の食品は、美味しくて、ヘルシー、そして安心・安全」というイメージが広く世界中で定着しています。近年、訪日外国人の増加や日本政府が推し進めていたCOOL JAPAN戦略の拡大に伴い、日本料理や日本産の食品は、世界中で評判となり、益々人気が高まっておりました。2019年に新型コロナのパンデミックにより、日本への往来は制限されるようになりましたが、来日できなくなった外国人観光客は、現地でも日本の食品を入手したいというニーズが高まり、海外市場における日本産食品のニーズは一層強くなり、そこにビジネスチャンスを見出す輸出入業者等も増え続けています。

一方、日本で製造された食品を海外市場で流通させるには、相手国の法規制・輸入ガイドラインや流通規制に対応した書類の提出やラベル表示が必要不可欠です。また、製品を海外に輸送する物流手段の確保も必須となりますが、現地での販売価格を抑えるために、よりリーズナブルな輸送手段が求められています。これらは、日本の食品メーカーが海外市場へアクセスする際の大きな障壁となっており、特に経営資源が限られる中小の食品メーカーでは、海外展開に必要なコスト・人員を振り向ける事ができず、海外市場への販売を妨げる大きな要因の一つとなっています。加えて、新型コロナパンデミックによる日本への入国制限は、自社製品を海外にセールスしたい食品メーカーと日本産食品の買い付けをしたいバイヤーにとって、出会いの場を奪い、ビジネスチャンスを阻害する最大の要因となってきました。

当社、TAPインタートレードは、2007年の設立以来16年にわたり、日本産食品の海外輸出に関する貿易事業を行ってまいりました。世界各国とのお取引実績を通じて、各国の輸入規制や販売に関するレギュレーションに関するノウハウを有しております。これまでも、当社では輸出事業を通じて、世界中のクライアントからのニーズに応じて、日本の各都道府県に存在する食品メーカーの商品を探索・紹介し、各地の食品メーカーからの要望に応じて、グローバルマーケットに商品を紹介・提供するマッチングを行ってきました。当社のマッチング機能は、新型コロナのパンデミックによるメーカーとバイヤーの出会いの機会減少の中、より重要性を増しており、さらなるマッチング能力の引き上げと、メーカーとバイヤーが直接に向き合える非接触型でのマッチング機能が求められておりました。

こうした課題を解決すべく、当社では食品マーケットにおけるグローバルビジネスマッチング機能のDX化をFOOBALで実現いたしました。

さらに当社では、FOOBALによるサイト上でのマッチング機能だけでなく、FOOBALでマッチング成立した会員は、当社が有する海外販売のための輸出ノウハウや、物流手段の確保もオプション提供いたします。(一部、有料提供も含みます。)当社は、FOOBALによるマッチング機能の提供、輸出手続ならびに国際物流サポート等、各種のサービス提供により、海外展開したい日本メーカー、日本を目指す海外バイヤーを強力にサポートいたします。

FOOBALの概要

FOOBALサービス利用の流れ(日本の食品メーカー)

会員登録 

メールアドレスや会社名など最少4項目の入力で簡単登録。

直ぐに『FOOBAL』のサービスを ご利用になれます。

商品登録

個別に1商品ずつ登録と、またはPDFでの商品カタログ登録ができます。

個別登録では、写真や商品説明を登録。原材料やアレルゲン表示も登録できます。

海外バイヤー検索

希望する国、取扱商品、事業形態等、海外バイヤーを自由に検索できます。

会員登録した海外バイヤーへは、FOOBAL内で商談申込ができます。
(バイヤーから商談申込がくることも!)

商談成立した場合

バイヤーが承諾して、商談が成立すると、チャットルームが生成されます。

1対1でじっくり商談が可能です。

チャット機能で、時差があっても大丈夫。カタログ等、資料の送付も可能です。

※バイヤーが拒否した場合は、商談不成立になります

オプションサービス

ご希望により、貿易手続もサポート。

クラウドからリアルビジネスへ。

輸出取引に関して、アドバイスを提供します。

当社が商品を仕入れ、海外市場へ輸出することも可能です。

※オプションサービスは、一部有料。

FOOBALその他の機能と拡張計画

メディア :オウンドメディア
      世界の日本産食料品に関するニュース・コラムの発信

表示言語 :日本語・英語・中国語(簡体)

オプション:輸出コンサルティング・輸出代行・海外輸出セミナー
      ※オプションサービスは、一部、有料サービスとなります。

拡張計画 :AIデータ生成機能(クローラー・スクレイピング・レコメンドなど)他

運営会社概要

2007年の創業から日本の食品を中心に海外に輸出する仕事をしており、現在では食品を中心に生活雑貨やコスメ・文具・玩具など、身の回りの品々を幅広くグローバルマーケットに供給しております。また、当社のクライアント様・パートナー様は、世界中におり、米国・欧州・アジア・中近東・オーストラリア等、様々な国々へ日本の商品をお届けしております。

会 社 名:株式会社TAPインタートレード 
英文会社名:TAPintertrade Co.,Ltd.
所 在 地:〒134-0086  東京都江戸川区臨海町三丁目6番2号 タジマヤ臨海町ビル 4 階
代表取締役:田島 俊明
設   立:2007年5月
資 本 金:20,000,000円
H    P:https://www.tapit.jp
事    業:食品・日用雑貨品等の輸出業 食品・日用雑貨品等の卸売業

本件に関するお問い合わせ

株式会社TAPインタートレード
FOOBAL(フーバル)運営事務局
TEL:03-6663-6320
Mail:info@foobal.jp

引用元:PRTIMES

関連記事

  • ㍿エムケイシステムがクラウドストレージサービス「ShalomPost」のサービス提供を開始

  • ㍿トモヤが企業ユニフォームや学生服の申込・集計をサポートするユニフォームオーダー支援システム「TANQ」の本格的なサービス提供を開始

  • Aokumo㍿がAWSパートナー6社と共に「Cloud Native Builders Group」を設立

  • トクティー㍿がJTB旅連事業㍿と業務提携契約を締結

  • ㍿MatrixFlowがAI素材の流通基盤となるべく、MatrixFlowマーケットプレイスをリリース

  • ㍿いえらぶGROUPが㍿Tryellと連携し、Tryellが運営する「オンライン内見ポータル」との賃貸物件情報の連動を開始

News

  • ㍿トモヤが企業ユニフォームや学生服の申込・集計をサポートするユニフォームオーダー支援システム「TANQ」の本格的なサービス提供を開始

  • ㍿エムケイシステムがクラウドストレージサービス「ShalomPost」のサービス提供を開始

  • Aokumo㍿がAWSパートナー6社と共に「Cloud Native Builders Group」を設立

  • トクティー㍿がJTB旅連事業㍿と業務提携契約を締結

  • ㍿MatrixFlowがAI素材の流通基盤となるべく、MatrixFlowマーケットプレイスをリリース

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中