㍿YUIが「クラウド連結会計ソフト結/YUI」において、宝印刷㍿様が提供する統合型ビジネスレポートシステム「WizLabo」とのAPI連携を開始

株式会社YUIは、『クラウド連結会計ソフト結/YUI』において、宝印刷株式会社様が提供する統合型ビジネスレポートシステム『WizLabo』とのAPI連携を開始いたしました。

これにより『結/YUI』の連結精算表、連結株主資本等変動計算書、連結包括利益計算書及び連結キャッシュ・フロー計算書のデータを『WizLabo』へスムーズに取り込むことが可能になり、効率的な開示書類の作成が実現できます。

本サービス提供の背景

クラウド連結会計ソフト『結/YUI』においても、連結精算表や連結CF精算表の科目を開示用に集約し、集約した結果を連結BSや連結CF画面に表示することが可能です。

ただし、開示用の書類(決算短信や有価証券報告書等)を作成するにあたっては、その集約結果を開示システムに手入力する必要があったため、開示作業まで考えると非効率な状況でした。

そこで、宝印刷株式会社様が提供している統合型ビジネスレポートシステム『WizLabo』に『結/YUI』で作成した連結数値をAPI連携し、手作業不要で連結数値を開示システムに自動連携させることで、正確で効率的な開示作業を実現すべく本サービスの提供に至りました。

本サービスの概要

結/YUI側の操作は

  • 初期設定(WizLaboとの連携設定、勘定科目コードの設定)
  • 開示連携ボタンのクリック

のみとなります。

勘定科目コードは、freee連携の場合はfreeeの勘定科目における『ショートカット2(勘定科目コード)』が自動連携されてきますので、効率的な設定が可能となっております。

開示連携ボタンをクリックすることにより、開示集約前の連結精算表や連結CF精算表等の数字が手入力不要でWizLaboにAPI連携されます。

また、API連携された数字はWizLabo内で本表以外の定量情報に自動的に転記されるようになっておりますので、正確で効率的な開示を実現することが可能となります。

※対応するWizLaboのプランは『WizLabo Light』『WizLabo Plus』『WizLabo One』となります

統合型ビジネスレポートシステム『WizLabo』について

「WizLabo」は、旧バージョンの開示決算自動化ツール「X-Smart. Advance/Basic」のDNAを引継ぎ、CGコード改訂、英文開示への対応に加え、非財務情報開示の充実など、複雑化する課題解決をサポートするため、“シンプルでわかりやすい操作性”、“DX推進の鍵となるデータ連携ソリューションの強化”、“周辺業務の合理化に対応する拡張性”をコンセプトに、2021年5月24日に統合型ビジネスレポートシステムとしてリリースしたサービスです。

リリース以降、「操作性」、「自動化率の高さ」、「拡張性」をご評価いただき、上場・上場準備会社、シェアードサービス会社などに採用いただいています。

「X-Smart. Advance/Basic」と合わせたWizLabo上位機種採用企業数は1,300社超となっています。

URL : https://www.wizlabo.jp/

クラウド連結会計ソフト『結/YUI』について

『結/YUI』は、API連携を活用して連結財務諸表を効率的に作成する連結会計ソフトです。

単体会計システムとのAPI連携により連結パッケージを効率的に作成し、API連携で取得した数字及び作成した連結パッケージの数字を『結/YUI』内で自動転記することにより、連結財務諸表の効率的な作成が可能となっています。

また、『正確性』にもこだわり、整合性の自動チェック機能により、作業の抜け漏れや連結理論上のあるべき残高との差額を算出し、アラートを鳴らします。

ローンチして半年ですが、順調に採用企業数も増加し、上場会社様にもご採用いただいております。

URL : https://tsubametax.jp/yui/

セミナー開催のお知らせ

API連携を記念して、『〜プレ・ポストIPO企業必見〜 単体・連結・開示を一気通貫!システム活用による業務効率化のポイントとは?』をオンラインで実施します。

本セミナーでは、すでに『WizLabo』とAPI連携している単体会計システム『freee会計』のご紹介と、『WizLabo』と『結/YUI』のAPI連携の背景から、実際の連携作業や連携後の体験について、両社の企画・開発部門の担当者よりご説明します。

イベント名:〜プレ・ポストIPO企業必見〜 単体・連結・開示を一気通貫!システム活用による業務効率化のポイントとは?

開催日  :2022年12月8日(木)13:00~14:00(12:45~受付)
場所   :ウェビナー(zoom)
参加費  :無料
参加条件 :事前申込でどなたでも参加可能
事前申込/特設サイトURL:https://go.freee.co.jp/IPO_LP.html
登壇者:宝印刷株式会社
    ICT営業部 ICTプロダクト推進課 課長代理
    小城 和歌子 氏
    freee株式会社
    SMB事業本部 MM事業部部長
    中川 拓也 氏
    株式会社YUI
    代表/公認会計士/税理士
    河村 浩靖

株式会社YUIについて

単体・連結・開示・監査を一気通貫にすべく、クラウド連結会計ソフト結/YUIの開発を行っています。

[設立]2022年2月
[代表者名]代表取締役 河村浩靖
[事業内容]クラウド連結会計ソフト結/YUIの開発
[コーポレートサイト]https://kk-yui.wraptas.site/

本サービスに関するお問合せ

クラウド連結会計ソフト結/YUIに関するお問合せ:https://tsubametax.jp/yui/contact/inquiry/

引用元:PRTIMES

関連記事

  • ㍿エムケイシステムがクラウドストレージサービス「ShalomPost」のサービス提供を開始

  • ㍿トモヤが企業ユニフォームや学生服の申込・集計をサポートするユニフォームオーダー支援システム「TANQ」の本格的なサービス提供を開始

  • Aokumo㍿がAWSパートナー6社と共に「Cloud Native Builders Group」を設立

  • トクティー㍿がJTB旅連事業㍿と業務提携契約を締結

  • ㍿MatrixFlowがAI素材の流通基盤となるべく、MatrixFlowマーケットプレイスをリリース

  • ㍿いえらぶGROUPが㍿Tryellと連携し、Tryellが運営する「オンライン内見ポータル」との賃貸物件情報の連動を開始

News

  • ㍿トモヤが企業ユニフォームや学生服の申込・集計をサポートするユニフォームオーダー支援システム「TANQ」の本格的なサービス提供を開始

  • ㍿エムケイシステムがクラウドストレージサービス「ShalomPost」のサービス提供を開始

  • Aokumo㍿がAWSパートナー6社と共に「Cloud Native Builders Group」を設立

  • トクティー㍿がJTB旅連事業㍿と業務提携契約を締結

  • ㍿MatrixFlowがAI素材の流通基盤となるべく、MatrixFlowマーケットプレイスをリリース

FREE MAILMAGAZINEメルマガ登録

DXに特化した最新情報配信中